インド:砂漠の都市ビカネールの旅・目次

これは2007年3月に行ったラジャスタン州ビカネールの旅の目次です。

その1:この旅の概要
その2:旅の足アンバサダー
その3:いよいよ出発
その4:朝のジャイプールを抜けて
その5:NH11をひた走る
その6:NH11を驀進する
その7:路傍のチャイ屋
その8:観光客用ドライブイン
その9:ドライブインで休憩
その10:ドライブインの食事
その11:休憩終了
その12:ガソリンスタンド
その13:ビカネールに到着
その14:予約したホテルに到着
その15:カリニ・ヴァワン・パレス・ホテルにて
その16:なんと宿泊を断られる
その17:気分一新ガジネールへ向かう
その18:ガジネールに到着
その19:ガジネール・パレス・ホテル案内1
その20:ガジネール・パレス・ホテル案内2
その21:ガジネール・パレス・ホテル案内3
その22:ガジネール・パレス・ホテル案内4
その23:ガジネール・パレス・ホテル案内5
その24:ガジネール・パレス・ホテル案内6
その25:ガジネール・パレス・ホテル案内7
その26:ガジネール・パレス・ホテル案内8
その27:ホテルの部屋はこんなです1
その28:ホテルの部屋はこんなです2
その29:ラジャスタンの歌と踊り
その30:ホテルでの豪華な夕食
その31:たまたまやっていた結婚式
その32:二日目の朝
その33:ビカネール市内観光
その34:ジューナーガール城塞1
その35:ジューナーガール城塞2
その36:ジューナーガール城塞3
その37:ジューナーガール城塞4
その38:ジューナーガール城塞5
その39:ジューナーガール城塞6
その40:ジューナーガール城塞7
その41:ラールガル・パレス・ホテルでの昼食
その42:王族たちの墓1
その43:王族たちの墓2
その44:王族たちの墓3
その45:ラクダ牧場1
その46:ラクダ牧場2
その47:ラクダ牧場3
その48:ラクダ牧場4
その49:ラクダ牧場5
その50:ラクダ牧場6
その51:ラクダ牧場7
その52:ラクダ牧場8
その53:ラクダ牧場9
その54:ラクダ牧場10
その55:ラクダ牧場11
その56:ラクダ牧場12
その57:ラクダ牧場13
その58:踏切で待たされる
その59:デシュノック村に到着
その60:ねずみのお寺1
その61:ねずみのお寺2
その62:ねずみのお寺3
その63:ねずみのお寺4
その64:ねずみのお寺5
その65:ねずみのお寺のお土産
その66:ホテル帰着
その67:地図を求めてエンスト
その68:旅の終わり

インドの伝統工芸細密画

インド:砂漠の都市ビカネールの旅・その68

アンバサダーは国道11号線を、一路ジャイプール目指して突っ走ります。この道を走り抜けると、いよいよ今回のビカネールの旅も終わりとなるわけです。

インド・ビカネールからの帰路ほんの2泊3日という短い期間で、移動もすべてアンバサダーという内容でしたので、「そんなの『旅』じゃねーよ。単なる『観光旅行』だろーが」と言う方もあろーかと思いますが、まあそこはそれぞれ都合がありますので、本人が有意義ならそれでいいのです。個人旅行だろうと、ツアー旅行だろうと、貧乏旅行だろうと、大名旅行だろうと、社員旅行だろうと、懸賞で当たった旅行だろうと、それからえーとえーと・・・・まあとにかく旅にはいろいろな形があっていーのです。

帰路の休憩も往きと同じドライブインでした。きっと他に安心して外国人を連れて行けるところがないのでしょう。

インド・ツーリスト用ドライブイン同じドライブインの同じレストランで同じメニューを見せられましたが、今回は軽いものだけにして、早々に車に戻りました。
ところがドライバー氏はまだ休憩中と見え、戻って来る気配すらありません。

そこでその辺を少し歩いてみることにしたのですが、この辺りは本当に砂漠ばかりで見るべきものがなにもありません。ただただベージュの大地がどこまでも広がっているだけです。

と、そんな風景を眺めておりましたら、いつの間にやら私のすぐ横に男が立っているのに気が付きました。
こういう突然の人の出現というのはインドではよくあることで、誰もいないと思って地図など引っ張り出して位置を確認していたりすると、どこからともなく人がわらわら集まり始め、みんなそれぞれに「どうした?」「どこへ行きたいんだ?」「政府のお土産屋ならこっちだぞ」「ほら、おれが案内してやる」とかなんとか言って、まんまとマージンの貰えるお土産屋なんかに連れ込まれたりするのです。あぶないあぶない。

その男はこのドライブインの関係者と思われましたが、ドライブインにもお土産のコーナーが併設されていたりしますので用心しなければならないでしょう。

そんな風に少し身構える私に、男はゆったりとした口調で話しかけて来ました。

「昨日もここに寄っただろ」

「いや、一昨日だ」

「そう、一昨日だ。 これからどっちへ向かうんだ?」

「ジャイプールだ。一昨日ビカネールに向かって、今日は帰りだ」

「そうか、ジャイプールか」

会話の内容はそんな他愛もないことでしたが、逆にそんな会話だからこそ、この男の日常がなんとなく想像できてしまうのでした。
きっとこの男にとって刺激と言えばここを通り過ぎる旅行者だけで、しかもその行先は「ビカネール」と「ジャイプール」のふたつだけで、そんな日常が「昨日」も「一昨日」も同じように過ぎて行ったのでしょう。

会話はそれきり途切れてしまいましたが、そろそろ立ち去ろうとする私に男がぽつりと言いました。

「また暑い季節がやって来る」

そう言われて見上げた空は、どこまでも果てしなく青く広がっており、確かに太陽は二日前より確実に近くなっているように感じたのでありました。

おしまい

これで「砂漠の都市ビカネールの旅」は終りとなります。
最後までお付き合い頂きありがとうございました。

あっ、次回からはまたインド関連の小ネタが復活します。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

前のページへ行く目次へ行く

インドのマフラー

インド:砂漠の都市ビカネールの旅・その67

私は旅行に行くと自分用のお土産として、その土地の地図を買ったりするのですが、できれば観光客相手のお土産屋で買うのではなく、地元の本屋さんで買いたいと思っています。なるべくなら地元の人が使うようなものが欲しいわけです。

で、ホテルを後にした車中でドライバー氏にその旨伝えたのですが、あまりそういう要求をする観光客はいないのか、ちょっと困った顔をしていました。

インド・ビカネールの本屋それでもドライバー氏は運転をしながら本屋を探してくれました。
そして見つけたのがここです。

ここは大きな街道沿いでお菓子や雑貨を商っているお店なのですが、新聞や雑誌類も置いているようです。まあいわばインド式コンビニエンスストアーですね。

インド・ビカネールの本屋さっそく私は車を降り、店番のおにいちゃんに地図はないかと尋ねました。
しかしその返事は無常にも「ノ~・・・」でした。
まあ考えてみたらこういう店で地図を買う人っていうのは皆無に近いかもしれません。

そこで律儀な我らがドライバー氏は、バザールへと車を走らせてくれることになりました。
バザールはビカネールに到着した日にも車で突入し、その喧騒振りがとても面白かったのですが、ドライバー氏としては道の細さとそれゆえの渋滞から、あまり行きたくなかったようです。

そんなわけで車は再びバザールに進入して来ました。 道はいよいよ狭くなり、そして車が一台しか通れないような道に入ろうとしたとき、アンバサダーは突然ガックンという音を出してその場に止まってしまいました。

あらら・・・もしかして、またバッテリートラブル?

またえらい所で止まったもんだと、後部座席で私たちがハラハラしていると、そこはさすがの百戦錬磨のドライバー氏です、慌てず騒がず車を降りボンネットを開けると、やおら傍らに転がっていた大きな石を両手でつかみ、いきなりガツンガツンとどこぞを殴り始めたではありませんか。まるでサーベルタイガーと闘う石器時代の人みたいです、見たことないけど。

そんな風にドライバー氏はしばらく石器で修理に取り掛かっていましたが、ある時点で石を投げ捨て運転席に戻ると、おもむろにキイを回しました。

クケケケケケ・・・ケッケッケッ・・・ぶろろろろろろろろ・・・

おお!エンジンがかかったぞ!

まったくインド人の器用さといったらすごいものがあります。

偉いぞ!ドライバー氏!・・・・って、その前に車ちゃんと万全に整備しとけよ。

さて、そんな苦労をしながら見つけたバザールの本屋にも、残念ながらビカネールの市街図はありませんでした。
しかし顧客満足度向上を目指すドライバー氏は、翌日のジャイプールで「ラジャスタン州・ロードマップ」というものを見つけて来てくれたのです。

そんな気持ちが嬉しいじゃあありませんか。

まあその地図はあまり欲しいものではなかったのですが、その気持ちを買うってことで、お金を出させて頂いたのでございます。めでたしめでたし。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

ブロックプリントの版木

インド:砂漠の都市ビカネールの旅・その66

カルニ・マーター寺院の見学で、予定していたビカネール一日観光はすべて終わり、また一時間ほどかけてホテルに戻りました。

帰り着いたホテルは、結婚式の執り行われていた昨日とは打って変わり、なんだか全体的に閑散とした感じがします。
正面玄関に続く階段にも、昨日の様な赤い絨毯は敷かれておらず、石段がそのままむき出しになっています。

う~ん・・・なんだか寂しいなあ・・・

まあこれが本来のこのホテルの状態なのでしょう。考えようによっては二つの顔を見られたことはラッキーだったのかもしれません。

というわけで二日目の夜は静かに更けて行き、あっという間に旅立ちの朝を迎えてしまったのであります。

インド・ガジネールパレスホテルインド・思えばひょんなことから泊まる事になったこのガジネール・パレス・ホテルでしたが、すべてにおいて実に満足の行く内容でした。はっきり言ってインドのホテルライフでこんなに安心してくつろげるなんて普段はまずありません。

チェックアウトの時になって、フロントの横に張ってあったポスターに目をやりますと、ここではジープやラクダ、はたまた馬車などに乗ってサンクチュアリを回るツアーや、ボディーマッサージなどもあるようです。

やはりこうしたホテルには、もっとゆったりと滞在したいものだなあと、つくづく思った次第なのであります。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

インドのマフラー

インド:砂漠の都市ビカネールの旅・その65

結局白いネズミにお会いすることはできず、私たちはカルニ・マーター寺院から出ました。

預けていた靴を履く時、足の裏にくっついている(であろう)ネズミのウンコが気になりましたが、さりとて裸足で歩くってわけにもいきませんので、なるべく足の裏が靴にくっつかないように、そおっと歩くようにして、門前に立ち並ぶお土産屋を覗きに行きました。

インド・カルニマーター寺院さすがに門前のお土産屋です。売っているものはほとんどが宗教がらみのものばかりです。

敬虔なるヒンドゥー教徒であるドライバー氏は、そんな宗教グッズをしばらく熱心に眺めていましたが、やがてその中から小さなプラスチック製の盾を手に取りました。

「ここに白いネズミが描かれています」

と言いながら私に見せたその盾には、なるほど先ほど見た神殿のお供物皿に群がるネズミの中に、一匹だけ白いネズミが描かれているではありませんか。

インド・カルニマーター寺院おお、ありがたやありがたや・・・

という顔を私が一瞬見せたのでしょう。
すかさずその表情を見て取ったドライバー氏は、私の分までこの小さな盾を買ってくれました。

そしてドライバー氏は私にこう言いました。

「その盾はあなたの家のいつも見えるところに飾っておいて下さい。そしてこの盾を見るたびに私のことを思い出して下さい」

ありがとう、ドライバー氏。この盾は私の仕事場のいつもよく見える場所に飾っておくよ。
そしてこの盾を見るたびに、お前のことを思い出し・・・

って、この盾はあんたの名刺代わりってわけかい!

そんなわけでこの盾は今も私の仕事場に飾ってあり、そしてそいつを見るたびにドライバー氏のことを、まんまと思い出してしまうのでありました。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

インドのショール

インド:砂漠の都市ビカネールの旅・その64

神殿での参拝を終え(参拝したのはドライバー氏だけですが)、再び寺院の中庭に出て来た私たちに、ドライバー氏はこんな話をしてくれました。

「ここには何千という数のネズミがいますが、その中にほんの2、3匹だけ白いネズミがいるのです。そしてその白いネズミを見ると幸せになれるのです」

ほほおー、そうなんだ。希少な白ネズミを見ると幸せになれるのかあ。
それなら見なくちゃソンだな。

と、私たちは一番たくさんネズミがいる辺りや、ネズミの出入りしている壁の穴を中心にジロジロ観察してみたのですが、どこにも白いネズミなんていませんでした。

するとドライバー氏は、ちょっとがっかりしている私にこう言いました。

「そこにいる楽士、そう、そこに座っている楽士がハルモニウムの演奏を始めると、不思議なことに白いネズミが現れると言われています」

インド・カルニマーター寺院えっ、ホント?
なんだそうならそうと早く言ってよ。
なんだかハーメルンの笛吹き男の話みたいだけど、それだけにそういうこともありそうな気もします。

♪幸せはぁ~、歩いて来ない、だっからお金で買うんだね!

さっそく私は楽士に20ルピー渡して、演奏してくれるように頼みました。

楽士はちょっと金額に不満があるような顔をしましたが、それでもすぐに演奏を始め、私たちはまたネズミの出入りしている壁の穴を、それこそ穴の開くほどジロジロギロギロ見つめたのです。

しかし金額的に不満のある演奏だったからか、はたまた私たちの「幸せよ来い!なろー!」という気迫のこもった視線が強すぎたのか、やっぱり白ネズミは姿を現しませんでした。

そしてその代わりに私たちの目に留まったのは、赤いネズミでした。

インド・カルニマーター寺院おっ、白じゃないけど、赤いネズミだって希少だと思うので、ぷち幸せくらいにはなれるかな?

なんてことを思ったのですが、実はこのネズミ、ホーリーという色水を掛け合うお祭りで着色してしまったようなのです。

しかしここにはこれだけネズミがいるっていうのに、こいつだけ狙い撃ちされたかのように妙に赤いのです。

まあネズミなだけに、チューチュー攻撃されたってことなんでしょうね。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

インド:砂漠の都市ビカネールの旅・その63

この寺院には近所のネコは入って来ないということなのですが、鳥は入って来るようです。

インド・カルニマーター寺院中庭の頭上を見上げれば、そこには鳥避けと思われるネットが張り巡らされているのですが、私が思うに、このネットで防ごうとしている鳥はハトなどではなく、おそらく猛禽類の類ではないかと思うわけです。
もしこのネットがなかったら、人のいなくなった夜間にフクロウなどがサッ!と舞い降り、ギュッ!とネズミを掴み、バッ!と飛び去って行く事でしょう。
まあフクロウからしたらここは「濡れ手に粟」の天国状態となるのでしょうね。

♪ねずみねずみねずみぃ~、ねずみぃ~を~たべぇ~るとぉ~

さて、そんな不謹慎な歌など歌ってないで、次はこの寺院の神殿部分に行ってみましょう。
ほらその建物がそうです。真ん中の入口から入ります。

インド・カルニマーター寺院この時はもう夕方だったためか、信者の数はそれほどでもなく、列を作るための鉄柵の中もこんな状態でした。

このネズミが乗っている箱はお金を寄進するためのもので、貯金箱のようなスリットが切ってあります。
ここに信者が長い列を作るときには、なんとなくの手持ち無沙汰でお金をひょいと入れてしまうのかもしれません。

あっ、お金を入れるのは信仰心の表れで、決して「なんとなく」などではありませんでした。大変失礼致しました。

インド・カルニマーター寺院と、短い列ではありましたが、それでも順番に並んでいよいよ神殿に入ろう・・・
と思ったら、さすがにこの部分はヒンドゥー教徒以外は入れないとのことでした。

そこで許可をもらって、入口の外から写真だけ写させて頂きました。

信者のみなさんが拝んでいるのは正面の神様なのですが、ご注目頂きたいのは床に置かれた大きなお皿です。
で、そのお皿の上に載っている黄色い丸いものがお供物なのですが、なんとネズミのトッピングがされています。

♪ねずみねずみねずみぃ~、ねずみぃ~を~たべぇ~るとぉ~

だから! そーゆー不謹慎な歌はやめなさいって。

賢明なる諸兄はすでにおわかりかと思いますが、このネズミはトッピングの具材ではなく、お供物を齧りに来たネズミなのです。
そして係りのおっさんはそのネズミを追い払うどころか、ネズミの齧ったお供物を、参拝を終えた信者に手渡しているのです。
そうです、食べるとコレラに打ち勝つ強い体になるという霊験あらたかなるお供物は、なんとネズミの齧りかけのものだったのです。

我らがドライバー氏もきちんと参拝し、もらったお供物を大切そうに両手で包み込むようにして出て来ました。

「ほら、これがお供物です。一口食べますか?」

と、親切にもドライバー氏はそれを勧めてくれました。

う~ん・・・

せっかくなのですが、ヒンドゥー教徒でもない人が食べると、返って良くないことが起こりそうな予感がしますので、今回はやめておきましょう。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

木彫りのガネーシャ

インド:砂漠の都市ビカネールの旅・その62

とにかくネズミたちはここではとても大切にされています。

インド・カルニマーター寺院ほら、こうしてネズミたちにはいつでも充分な食事が与えられていますので、衣食住が完全に保障されているわけです。あっ、「衣」に関しては各自の自前ですね。

我らがアンバサダーのドライバー氏は敬虔なヒンドゥー教徒で、今回の旅行でこの寺院に来るのをとても楽しみにしていたようです。他の観光地ではたいてい車のところで待っているのですが、この寺院には私たちと一緒に入って来て、いろいろと説明をしてくれました。

インド・カルニマーター寺院曰く、

ここのネズミたちは決して寺院の外には出ない。

また外にいるネコも寺院の中には一歩も踏み入れない。

何年か前にこの付近でコレラが大発生したが、この寺院の供物を食べていた人は感染しなかった。

などなど・・・

インド・カルニマーター寺院ふ~ん、なるほどね。

まあネズミがここから出て行かないことや、ネコがここに入って来ないことはそれほど不思議でもないのですが、コレラ感染を防ぐ供物というのはすごいじゃないですか。あとで私ももらって食べてみましょうかねえ。

それはそうと、ネズミの飲んでるミルクに黒い小さなツブツブが入っているのですが、これってたぶんチョコチップとかじゃないと思うのですよ。可能性から言って、やはりこれはうんこじゃないかと思うのですが・・・

あー、もしかしたらここの供物を食べてる人というのは、日頃からコレラやペストなどに耐性ができていて、病気に強い体ができているということかもしれませんねえ。
やっぱりお供物もらうのはやめとこうかな・・・

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

インドの伝統工芸細密画

インド:砂漠の都市ビカネールの旅・その61

インド・カルニマーター寺院うわあ!
ネズミだネズミだネズミだあ~!

と、早くもここが神聖なる信仰の場だということも忘れて、ちょろちょろと動き回る小さな茶色い動物に目が釘付けです。

おー、これが全部カルニ・マーターがネズミの姿に変身させてしまったという、語り部たちのの末裔なのか・・・

変身したのがネズミだったので、まさしくネズミ算式に子孫が繁栄したのですが、これが変身したのがトキやツシマヤマネコ、またはガングロジョシコーセーとかだったら、今頃絶滅の危機に瀕していたかもしれません。

インド・カルニマーター寺院更によく観察して見ますと、ネズミたちは壁にいくつもある小さな穴から出たり入ったりしています。おそらく壁の中が彼らの正式な住処になっていて、中にはきっとこの何倍、いえ、何十倍ものネズミたちがウヨウヨいることでしょう。

そしてネズミたちは床だけではなく、こんな ところにもいます。

永年にわたって手厚く保護されて来たために、ここには敵がいないということを良く知っているので、もうやりたい放題です。

しかしここのネズミたちは自分たちが井の中の蛙であるということを知らないので、外の世界へ出たらきっと苦労することでしょう。一度ガンバと一緒に旅にでも出たらいいのです。

インド・カルニマーター寺院おっと・・・

こちらのネズミは二匹でアッチッチ(死語)してますねえ。

鉄柵の飾りがとてもナイスで、なんだかいい雰囲気なのですが、この二匹はいったい何をしているのでしょうか。

あー、

チューしてるんですね、きっと。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

インド:砂漠の都市ビカネールの旅・その60

インド・カルニマーター寺院靴は門のところで脱いで、そのままそこに置いておいてもいいのですが、出てきたときにちゃんとあるとは限りません。
カルニ・マーターがあなたの靴をネズミに変身させ、どこぞへ走り去ってしまっていても文句は言えないのです。

そこで靴がなくなっては困る人は、門の左側の下足番に預けましょう。料金は10ルピー程度です。

*寺院への入場には特にお金はかかりません。靴さえ脱げば誰でも自由に入ることができます。

この寺院はとにかくネズミで有名なのですが、ここはあくまでも神聖なる信仰の場所ですので、あまりネズミネズミと好奇心にばかり走らないで、少しは建物の造りなんぞを眺め、「ふむふむ、なるほどね」などといった態度を見せるのも必要でしょう。

まずはこの門についている扉をよく見ましょう。
これはマハラジャ、ガンガー・シンから寄進された銀の扉なのです。

ふむふむ、なるほどねえ~

インド・カルニマーター寺院と、そんな風に建築物や歴史、文化などに深い造詣があるように見せながら、いよいよ寺院の内部に入って参りました。

するとさっそく目の前の大理石の床を、さっと茶色いものが走り抜けました。

あっ!ネズミだネズミ!ねずみねずみ!

おっと、あまり好奇心でばかり見てはいけないのでした。

ここはあくまでも神聖なる信仰の場所なのです。

しかしまあ、それにしてもすごい数だなあ・・・

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

インドのショール