インド関連本紹介:「インドでわしも考えた」椎名誠・著

「インドでわしも考えた」椎名誠・著
ご存知椎名誠氏の著書である。

内容は週刊誌連載企画としてのインド旅行記であるのだが、その旅の大きな目的として「空中に三メートルも浮いてしまうヨガ行者」を探すということが据えられる。
そして勇躍乗り込んだインドの大地で、氏を待ち受け襲い来る数々の出来事を、氏ならではの視点と感性で受け止め、抜群のユーモアでもって切り捨てるというものである。

私としては初めて読んだ氏の著書であり、それだけにインパクトがすごかった。
インドに行くにあたり、インド関連の本を読もうと本屋を捜し歩いていたのだが、当時(1985年頃)は一般的なインド紹介本はあまりなかった。少なくとも地方の町の本屋などでは、置いてあるのは普通に売れそうな本ばかりで、少しでも道を外れた(?)売れ残り必至の本を置くという冒険は決してしていなかった。

そんな中、どこの本屋でも簡単に手に入り、しかも気軽に読めるインド本といえば、妹尾河童氏の「河童の覗いたインド」と本書くらいなものではなかっただろうか。
とにかく私は、インドに行く前にいろいろな情報が知りたく本を捜し歩き、ようやくこの本を手にしたのだが、読み始めてすぐに次のような一文が目に飛び込んできた。

インドに行くにあたってインドの本を読んだり最新情報を聞いたりガイドブックを読んだりするようなことは一切やめよう、ということにした。
【椎名誠:著「インドでわしも考えた」小学館刊より引用】

げげっ、いきなり否定されちゃったよ。

まあこれは著者自身がインドに行くにあたり、インド関連の先達たちの厳しい視線を意識しての決意ではあるのだが、その逆をしている私としては自分が実に姑息な人間のように思えて来た。
でも考えてみれば、この本だってインドのことを紹介する本である。読んでる人はみんな「本からでもいいからインドを知りたい」という人なのである。だからその一文はなんだか禅問答のようでもあり、ちょっと意地悪なんじゃないかと思うのである。
しかも立ち読みではなく、もうお金を出して買っちゃった後だったので、そこは「他人は他人、自分は自分」と割り切ることにした。

で、氏をそうした気持ちにさせた原因となる一文が冒頭に出て来る。

インドに行くことになった。毎度ながら別にたいしてスルドイ目的意識やテーマというものはない。それじゃあこのへんでそろそろインドへ行ってみましょうか? うーんそうですなあ、というような程度である。しかしインドという国はこの程度の意識と態度ではたちまちインド研究家およびインド崇奉派および印度的瞑想思索人およびインド哲学放浪者(中略)等々からさまざまな批難指弾のひとかたまりを浴びそうなこころもとなさ、というのがある。
【椎名誠:著「インドでわしも考えた」小学館刊冒頭部より引用】

確かにインドに関してはいまだに神秘的なところや、深く考えさせられてしまうことなどもあったりする。身分差別や貧困、国中にあふれるあまたの神々と人の死のあまりに身近なことなどなど・・・
もちろんそういう深刻、深遠な問題をちゃかすのは良くないが、日本がフジヤマ、ゲイシャ、ハラキリ、オタクだけの国ではないように、インドもそれだけの国ではないのである。

健康維持に栄養バランスが大切なように、インド感にもバランスが必要である。
今回紹介している本は、わが国初の「肩に力を入れずに読めるインド関連本」であり、つい偏りがちになるインド感にほどよいバランスを取り戻すためのサプリメント的な役割を持つのではないかと思うのである。

とまあ、ホントはこんな説明なんかまったく必要ない、読めば抱腹絶倒間違いなしのインド関連本なのである。

インドのマフラー

インド関連本紹介:「深い河」遠藤周作・著

深い河:遠藤周作
この本は芥川賞作家、遠藤周作の「最後の純文学長編」である。(と本の帯に書いてあった)

話の概要としては、インド旅行に参加した5人の人間模様を通し、宗教とは何か、信仰とは何かを問いかけるものとなっている。
主な登場人物の5人には、それぞれの人生で背負ってしまった重荷があり、それがためにインド旅行への参加を決意する。そして訪れたガンジス河の聖地ヴァーラーナスィで、それぞれに何かを感じるというものである。

でも、ここではそれ以上の内容には踏み込まず、あくまでもインドがらみでお話しさせていただくとする。

主人公とその関連人物は、もともとインドとはまったく縁のない人生を送っていた。(だからツアーでの参加なのだが)
しかし登場人物の中で唯一、ツアー添乗員である江波は四年間のインド留学の経験があり、その流れで添乗員として働くことになったのだが、インドに関する知識と思い入れが深いため、たびたびツアー参加者の安易なインド感にムキになって応対してしまう。

そんな彼の思いを描いたシーンを以下に抜き出してみる。

 
江波は午前中、わざとガンジス河のガートに行くことを避けたが、それは日本人観光客たちにたんなる好奇心でこの聖なる河、聖なる儀式、聖なる死の場所を見学させたくなかったからである。日本人たちが沐浴しているヒンズー教徒を舟上から見て必ず言う言葉は決っていた。
「死体の灰を川に流すなんて」
「よく病気にならないね、印度人たち」
「たまらないな、この臭い・・・・・・印度人、平気なんだろうか」
今度もいずれは軽蔑と偏見のまじった観光客のそんな声をきかねばならぬが、それは夕暮で結構だ。
【遠藤周作著「深い河」講談社文庫版より引用】
 

ヒンドゥー教徒(作品の中では「ヒンズー教徒」と表記)は輪廻転生を信じる。そのことはこの作品の中にも繰り返し出て来る。そしてヒンドゥー教徒の最終的な願いは、その輪廻からの解脱である。そのためみなガンジス河までやって来るのである。

ツアー添乗員江波も、日本人旅行者を案内して何度もガンジス河にやって来る。
まさしくそれは輪廻のようであり、その都度上記引用文のような思いをさせられ、ストレスが溜まることであろう。インド人が生きることは苦しいことであると思うように、江波にとって添乗という仕事は苦しいものなのだ。しかし苦しくとも生きねばならないのが人生であり、苦しくとも働かなければならないのが生活というものなのである。

はたして江波には、いつ解脱の時が訪れるのであろうか。

私は作品の本題とはまた別に、そんなことを考えてしまったのである。

動物の鈴・アニマルベル

インド関連本紹介:「インド大修行時代」山田和・著

インド大修行時代:山田和
前回の「インドの大道商人」に続き、今回も山田和氏の著書である。

この本はまだインド初心者であった若き日の著者の体験記となる。
のちにインドの大地を自由に走り回り、膨大な量の取材をするようになる著者も、初めてのインドではやはり苦戦を強いられた。

各地でインド人たちに騙されぼられ、そして病に倒れる。飛行機に乗り遅れ、バスを見失い、タクシーは目的地に着かない。
その一方で高級ホテルにも泊まり、おいしいものも食べ、少年たちとも仲良くなる。
インドの旅のなんと内容の濃きことか。しかもこれが感受性豊かな時期に体験できたというのは、本当に幸せなことだと思う。実にうらやましい限りである。

本書は1974年の初インドのエピソードに初期何度かの渡印を加えたもので、いずれにしても古い話なのだが、登場するトラブルのほとんどは今でもインドで日常的に旅行者に襲い掛かるものなので、これからインドに行こうとしている人も体験できるチャンスは充分あるのでご安心いただきたい。

数々のエピソードの中で私が一番面白く読んだのは、デリーの靴磨き少年とのバトルの話である。
旅の途中で出会った若者から、デリーには靴にシュークリームを乗せ、それを拭き取ることで法外な料金をふんだくる輩がいると聞いた著者は、果敢にも過去の犠牲者の仇を取るため立ち上がる。
まあ詳しくは読んでのお楽しみだが、とにかく私はこの話を読み、まさに戦友を得たような気分であった。

ということで、いまやインドの大家である山田和氏も初めは初心者であった。
千里の道も一歩から、塵も積もれば山となる、何事も続けてやっていればやがて大成するのだなあ。

でも「初心忘るべからず」という言葉もある。
初心でいればこそ、見えて来るものもあるのである。

最後にこの本の中の、次のような一節をご紹介させていただく。

 それで僕らは、自分の小さな旅をあえて「あてどない旅」と呼び、地球の地図がまだ描ききれていなかった時代の心をもって遥かな時空へと旅立つ。
 未踏の地や処女地は存在しない。しかし、それを夢想し感得する権利は今もある。幸いなことに、僕らは大勢の人が住み、車と自転車にあふれた異国の雑踏にも、宇宙から地球を眺めたガガーリンが感じたのと同じ質の、あるいは褐色の大地に碧いロプノール湖を見たヘディンが感じたのと同じ質の感動を得ることができるのだ。
【山田和:著 講談社文庫版「インド大修行時代」より引用】

私も次の休みにはどこかに散歩にでも出て、何かを「発見」してみようかな。

インドのおもちゃ

インド関連本紹介:「インドの大道商人」山田和・著

インドの大道商人:山田和
この本はインドの至る所で見かける、道端の露天商(屋外作業者も含む)たちを取材した記録である。

著者である山田和氏はノンフィクション作家であるが写真家でもあり、よって本書にもたくさんの写真が使われている。
それは本編の合間に三部に分けて差し込まれたもので、そこでは110種もの大道商人たちが、彼らの写真と自己紹介文を使って一人(複数人の場合もあるが)一ページという形でまとめられている。

なのでこの本はそのページだけ見て行っても非常に楽しい。しかも巻末には商売名別五十音索引まで付けられている。
たとえば「オウム売り」「体重測定屋」「南京豆売り」「代書屋」「鼻緒売り」「歯磨き粉作り」などなど、まさしくインド露天商大百科である。

しかし、もしひとたび本文を読み出したら(まあ普通はそうなるだろうけど)、瞬く間に山田和氏の世界に引き込まれて行ってしまうことだろう。
なにしろ冒頭の、古い地図を巡っての骨董屋のおやじとの駆け引きからしてインディ・ジョーンズを彷彿させ、これから始まるであろう大冒険に胸がワクワクして来るのである。

本書の主な取材時期は1980年代である。
思えばその時代はインドが自由経済に舵を切る(1991年)直前であり、高関税のかかる外国製品などほとんどなく、全体的に物が不足していた時代である。
いわば夜明け前の一番寒い時とも言えるが、それだけにインド独自の商売というものが一番花開いていた時であり、そこにスポットを当て、長大な時間と膨大な労力をかけて取材を積み重ねられた山田和氏には、ただただ敬服するばかりである。また、よくぞこれだけの貴重な資料を後世に残していただいたと、お礼すら言いたくなる。

インドはその後目覚ましい経済発展を遂げ、本書に掲載された商売ですでに無くなってしまったものも多々ある。
しかしそこは日本からは物理的にも文化的にも遠いインドのこと、当のインドには失礼かもしれないが、どの商売も「あー、インドならこんなのがあるんだろうなあ」といった感じで、今でも充分楽しめる一冊なのである。

動物の鈴・アニマルベル

インド関連本紹介:「インドの樹、ベンガルの大地」 西岡直樹・著

インドの樹、ベンガルの大地:西岡直樹

この本は主に、著者西岡直樹氏が若き日に過ごしたベンガル(東インド)での体験を綴ったものである。

しかし単なる異文化体験記と一線を画すのは、ベンガル地方の自然(特に植物)の細かな描写に加え、それを上手に生活に取り入れて暮らす人々の日常を、実に自然なタッチで描いているところである。
それは取りも直さず著者の豊富な知識に裏打ちされた描写であり、さらに自らもその暮らしの中に身を置き、しっかり溶け込んでいたからこそ表現できることなのだろう。その余計な力の入らないさらっとした文章に、つい遠いベンガルでの話しであるということを忘れ、自分の子供のころの生活(もちろん日本での)、特に夕餉の支度が始まる頃合いの情景などを重ねて読んでしまうほどだった。

そんな著者西岡氏の経歴を見ると、宇都宮大学農学部卒とある。なるほど、植物に詳しいのもうなづける。
しかもお名前が「直樹」である。これが本名であるとしたら、まさしく樹木関係に真っ直ぐ突き進んで行ったということで、まさしく「名は体を表す」である。

またこの本の中ほどには絵を使った植物紹介ページもあり、それが文章だけではわかりづらい部分を補ってくれ、ベンガルの暮らしをよりリアルに想い描くことができる。

そんな植物の絵は西岡氏自らが描いたもので、そうしたイラストをまとめた「インド花綴り」という本も出されている。
その本はほとんど図鑑といってもいい本で、このコーナーではたぶん取り上げることはないと思うので、なんだか「ついで」みたいで申し訳ないのだが、ここで一緒にご紹介させていただこうと思う。

インド花綴り:西岡直樹

この本はすでに出版されていた「インド花綴り」と「続・インド花綴り」」という二冊を合わせ、さらに加筆されたものである。

内容は先に述べたように、インドの花を紹介した図鑑のような本であるが、図鑑のように挿絵に説明文だけが添えられているのではなく、西岡氏の体験に基づく関連知識などを織り交ぜた、情緒豊かな解説文で紹介されている。まあ言ってみれば今回メインでご紹介している「インドの樹、ベンガルの大地」の植物中心バージョンといったところだろうか。

とにかくインドの花に興味のある方には、ぜひともお奨めしたい一冊、いや、二冊なのである。

動物の鈴・アニマルベル

インド関連本紹介:「裏がえしのインド 」 西丸震哉・著

裏がえしのインド:西丸震哉

まずこの本の著者の紹介として、某インターネット百科事典の記述を借りると「日本人の食生態学者、エッセイスト、探検家、登山家」となる。
また本書(文庫版)の解説として秋山ちえ子氏が述べるところによると、「健康で、好奇心が強く、かなりしつっこい、凝り性」とあり、さらに「作曲をし、楽譜も初見で歌う」「絵も描く」と来て、おまけに「UFOの存在を信じ、テレパシイの実在を実験して見せる」とある。

とまあ、これだけ見てもかなり守備範囲の広い人だというのがわかる。
私もこの著者に関しては、まったく違う分野の本で度々出合って来た。

初めは中高生のころに読んだ心霊関係の文章だった。
その頃そうした本を何冊も読んでいたので、氏の書いたものの内容は忘れてしまったが、まあどっちみち幽霊の話かなにかだったはずである。

次にこの著者の本に触れたのは「動物紳士録」という本だった。
その本は題名の通り動物の生態に関するエッセイ集なのだが、なんと言ってもタコが大根を盗む話が可笑しい。私はそれまで「西丸震哉=幽霊」と覚えていたので、そのギャップに驚いた。

そして(私として)三度目の出会いは「山小舎を造ろうヨ」という本だった。
当時私はサラリーマンをしていたのだが、ちょっと心が疲れていたようで、その本の「少し人生を考え直したい人に」という副題につられて手に取った。
内容はそのまま「山小舎造り」なのだが、なにもいきなりログハウスを造ろうというのではない。最初に出てくるのはビニールシートの片屋根式のものである。これじゃ山小舎でもなんでもなく、ほとんど野宿である。
しかしそういったビバークやテントの域を出ないものの紹介が過ぎると、ついに「山小舎」のお出ましとなる。
その第一歩はたった0.5畳のスペースの小舎である。でもそれは決してふざけたものなどではなく、必要最小限の「生活」を考慮して本気で考えた(と思われる)アイデアなのだ。
そしてそのアイデアは0.75畳、1畳、1.5畳と小刻みに広くなって行き、それに伴い居住性もだんだん良くなって行く。
そうした山小舎のアイデアが、第三角法図面的なイラストで解説されているので実際のイメージがつかみやすく、読んでるうちにこちらもだんだん本気になってしまい、気がつけば著者のアイデアに自分なりにあれこれ工夫を加え、ページを繰るのも忘れしばし空想の世界に遊んでいたりするのであった。

とまあそんな風に、特に西丸震哉を選んで読んでいたわけではないのに、いろいろな方角で行合うのである。

さて、ここでご紹介する「裏がえしのインド」は、先述のどれより古い著書である。

内容は1961年12月から1962年4月に実施された、インド中部および南部のジャングル地帯における学術探査を基にした話が書かれている。
とは言え本書は学術書や報告書ではなく一般向けの本であり、著者の研究分野(インド人の栄養、嗜好、感覚、摂取食糧)に関することも多少は出てくるものの、ほとんどは自身の「強い好奇心」の赴くままに見聞した広範囲に及ぶことがらの紹介で、中にはインドの滞在地と日本の自宅との間で行われた「魂の帰宅実験」なるオカルトもの(?)まである。

この本はなにぶん古いものなので、これを読んでも経済発展著しい「今のインド」はわからない。しかしその芯(真)の部分に触れることはできる。
また現在の感覚では差別的と思われる語句、記述も多々あり、そこに著者独特の視点とユーモアが絡み合って来るので、中にはマユツバモノと思える記事や、反発したくなる内容のものもあったりするのだが、それが西丸震哉ワールドと理解した上で、自分なりに取捨選択しながら読むとなかなか面白い。
そして実はその自分なりの受け止め方や、さらにそこから発展する自分なりの考え方を促すことこそ、著者の本当の狙いなのかもしれないと思ったりもするのである。

とにかく広範囲にわたる知識と精力的な行動力、そして人に媚びない精神の強さ(図太さ)を合わせ持つ著者なので、ちょっと「怖い人」という印象も受ける。しかし「(インドの)各地で生水を飲んで歩いた」と豪語する一方で、インドの寺で裸足になることを嫌悪し、排便後の処理も素手ではやらないなど、意外と繊細な一面も垣間見せたりする正直さがまた氏の魅力となっている。

なんだかインド関連本の紹介というより、西丸震哉氏の紹介になってしまった。
私も氏にならって正直に言えば、本当は「裏がえしのインド」より「山小舎を造ろうヨ」の方がおすすめしたいのである。

なので最後に「山小舎を造ろうヨ」のあとがきから少し抜き書きをさせていただきたい。もう今回はインドにからめなくてもいいや。

 

「一読したあとの感慨はどうだった? 眼にウロコのかぶさった人は、タタミ半分の面積から始まる発想で、それがスポッとはがれ落ちただろう。 (中略) 空想の世界で山小舎を想い描くのは楽しいし、それを現実のものにするのはもっと楽しい。」

【 山小舎を造ろうヨ:あとがきより抜粋 】

 

「夢中になってその気でとりかかれば実現できそうな夢を描こうではないか。 私は不可能な夢は描かない。たとえヒトが『そんなの夢だよ』といって笑っても、そんなものに左右されない」

【 山小舎を造ろうヨ:文庫版あとがきより抜粋 】

 

とかく閉塞感の蔓延する時代であるが、西丸震哉のようなユニークな発想で物事を考えられたら、今よりずっと生きやすくなるのではないだろうか。

インド、ぜんぜん関係なくなっちゃった。

インドの伝統工芸細密画

インド関連本紹介:「深夜特急 第二便 ペルシャの風」沢木耕太郎・著

深夜特急:沢木耕太郎・著
泣く子も黙るロングセラー旅行記「深夜特急」である。

本当に泣く子が黙るかどうかは別にして、さすがルポライターの本領発揮といったところで、内容も濃く話も面白く読んでいてぐいぐい引っ張って行かれる。
この本の影響でバックパッカーになった人も少なくないだろう。

ここではインド関連の本を紹介するということで、三部構成の二冊目(文庫本では3冊目)を取り上げるのだが、もちろん初めて読む人は第一巻(本では「第一便」となっている)から読むべきである。正直なところを言えば、私が全編を通して一番引き込まれたのは、香港滞在中の博打のシーンであった。

さて、この本のインドに関するところをかいつまんで・・・と思ったが、すでに著者が不必要なものを切り捨てまくって書いたものと思われ、かいつまめない。気になる人はとにかく本書をお読みいただきたい。

でもそれだけじゃ紹介にもなんにもならないので、私なりにこの本のインドの項から学んだことをふたつご紹介させていただこう。

まず一つ目は、著者が排便後に左手で始末ができるようになったときに「またひとつ自分が自由になれたような気がした」というセリフである。
正直これを初めて読んだ20代の私は驚いた。そんなことは絶対にできない、エンガチョ!だと思った。
しかしあれからウン十年、私もその件では自由になれた。

もう一つは著者が病気になり、インド人から「インドの病気は、インドの薬でなければ治らない」と言われたことである。
これも初めて読んだときは、インドの薬なんて恐ろしくて飲めないと思った。
しかしそれからウン十年、インドで激しい頭痛に見舞われ、日本から持参した薬をいくら飲んでもちっとも効かず、ベッドの上でのたうちまわっていたとき、ふとこのセリフを思い出し、這うようにして薬局に行き手に入れた薬が本当によく効いた。
今ではインドに行くとき、日本から持っていくのは整腸薬と風邪薬くらいである。あとは必要に応じて現地調達する。水虫が悪化した時など、薬局のカウンターに足を乗せて患部を見せ薬を購入した。

ということで、私はこの本を読んでもバックパッカーにはならなかった(なれなかった)が、ちょこっとインドに行く程度でも、この本は役に立つんだぞ!ということを力を込めて言いたいのである。

動物の鈴・アニマルベル

インド関連本紹介:「インド鉄道紀行」宮脇俊三・著

インド鉄道紀行:宮脇俊三

これはもう題名からして本の内容がわかってしまう。
そう、インドの鉄道旅に特化した紀行本である。

著者は数々の鉄道紀行本を世に出されている宮脇俊三氏であるが、そんな日本を代表する鉄道作家が、アジアで最初に鉄道が敷かれた鉄道大国インドに乗り込み、そしてもちろん鉄道にも乗り込みまくる。

もっとも時代は1988年と少々(だいぶ?)古く、スマホで切符が買えてしまう現在とはまさしく隔世(なにしろホントに世紀が違う)の感があるが、経済鎖国もまだ解けぬ古き良き、そして超不便なインド事情にも触れられそれがまた楽しい。

著者は当時すでに62歳(渡印中に誕生日を迎えられている)、周囲から暑い時季は避けるよう進言され渡印を気候の良い11月~12月にし、全工程にガイドが随行するという旅ではあったが、約二週間の日程でニューデリー-カルカッタ(コルカタ)、カルカッタ-ヴァラナスィ、アグラ-ニューデリー、ニューデリー-ボンベイ(ムンバイ)、ボンベイ-バンガロール(ベンガルール)、ジョラペティ-カニャクマリ、トリヴァンドラム-コーチンと列車に乗りまくる。氏の記述によると「車中四泊、乗車距離5700km」だそうである。ああ、こうして書き写しているだけで気持ちが悪くなりそうだ・・・

しかも宮脇氏はこの旅でやり残した「二つのこと」をやり遂げるため、半年後に再びインドを訪れるのである。まったくなんというもの好きであろうか。

もしかしたら乗り物酔いの激しい方は読んでいるだけで酔ってしまうかもしれないが、本書は氏の鉄道ウンチクだけでなく、ガイドとのユーモラスなやり取りなども満載で読み応え充分な鉄道紀行本となっている。
なので特に鉄道好きというわけではない人にもおすすめな一冊である。

さあ、表紙をめくればそこからもうインドの鉄道旅が始まる!

インド関連本紹介:「インド放浪」藤原新也・著

「インド放浪」藤原新也・著

私が初めてこの本を開いたのは、まだ20代の前半の頃だった。

知り合いの家の書棚で見つけて読み始めたのだが、何ページも読み進まないうちに読むのをやめてしまった。
いや、内容がつまらなかったのではなく、怖くなってそれ以上読み進められなくなってしまったのである。

この本の内容はその題名の通り、著者である藤原新也氏が1968年と1970年にインドをさまよい歩いた時の話である。

ではそんな「旅行記」のどこが恐ろしかったのかというと、それは河を流れゆく死体の描写なのであった。
それが文章による表現力というものなのだろうが、その時の私にはその「死体」が恐ろしかった。またそんなものが流れていく「インド」という国の得体の知れなさが恐ろしかった。さらにはそういう文章を書く「著者」自身が恐ろしかったのである。

なんせ自分と同じくらいの若者(著者がインドを旅した時点、また著述した時期での年齢ですね)が書いているわけで、なんだかいきなり「貴様ぁ~!平和面してのうのうと暮らしおってぇ!」と胸倉をつかまれて怒鳴られたような気分だったのである。

そしてあれからいく年月、なんの因果かインドに携わる仕事に就いた頃、この本を譲り受けたのであった。しかもあの若かりし頃手に取ったまさしくその本なのである。
奥付を見ると「1982年5月20日 第1刷発行(朝日選書版)」とあるので、私が一度読みかけたのもそのころかと思われる。

で、実はこの本を譲り受けたあとも、私はしばらく読もうとしなかった。
やはりあの第一印象が私の記憶に強く刻み込まれており、ぷちトラウマみたいになっていたのである。
また著者のことをあまりよく知らない(もちろん名前は知っていたが、その人となりというものがよくわからない)ということも一因であった。つまりまあ、きっと怖いひとなんだろうなあ・・・と思っていたのである。

しかしある時(確かとんでもなく早い時間帯、朝の5時とかに)偶然テレビで著者を見たのであった。
それは写真家でもある著者が、どこかの島の猫たちの写真を撮っている映像であったのだが、初めて動いている著者を拝見し、「あー、特別怖い人じゃないんだ」ということがわかった。なにしろ猫の写真を撮っているのである。怖い人のはずがないのである。

そこでようやくもう一度読んでみようという気になったのであった。

あらためて読んでみると、なぜあの頃あれほど怖がったのかわからないほどおもしろかった。
まあ私が何度もインドに行くようになっていたということもあるが、少なくとも読み進められなくなるような恐ろしい内容では決してない。

とにかくよく観察され描写されている。
中でもヒンディー語の語感について書かれている箇所には、なるほどと感心して(私が言うのは実におこがましいが)しまった。

著者曰く「ヒンドウ語は、大地の上で響きわたる時、初めてその言葉の持つ美しい響きを発揮するかのようだ。」とある。

このくだりを読んだとき、インドの大地でのびやかに生きる人々の姿を見たような気がした。

とまあ、なかなか刺激の強い個所もあるけれど、それだけ読み応えのある本なので、まだお読みでない方はぜひ一度お試しあれ。

インドの伝統工芸細密画

インド関連本紹介:「河童の覗いたインド」妹尾河童・著

「河童の覗いたインド」妹尾河童・著

もうこの本を何度読み返したかわからない。

もともとオレンジ色だった表紙の背はすっかり色が抜けてしまった。
それでいてちゃんと帯が残っているところが、この本に対する持ち主(私のことですね)の愛着がうかがわれる。

本の内容は著者である妹尾河童氏が、ひと月半ずつ二度にわたりインドを巡った時の見聞録であるのだが、氏の類まれなる旺盛な好奇心を原動力に、いろいろなものがイラストとともに詳しく紹介されている。

中でも私が最も興味をひかれたのが「インドの弁当箱」と「ガンディーのサンダル」であった。この本に出会ったのが、私が初めてインドに行く直前(1987年)だったので、インドで弁当箱を買うこととガンディーのサンダルを見ることが、旅の重要な目的になったほどである。

また著者が泊まり歩いたホテルの部屋の詳細な見取り図がすばらしく、それを眺めているだけでもインドを旅しているような気分になれる。
私がこの本を何度も読み返すのも、ホテルの部屋を眺めインドにいる気分になろうとするゆえなのである。

この本で紹介されているインドは1978年と1983年でかなり昔のことなのだが、それゆえ今ではもう体験できないこと(たとえばマドゥライのミーナクシ寺院の高い屋根の上に登ることなど)も紹介されていてとても参考になる。
でも大半は今でも普通に見られるものばかりなので、インドのガイドブックとして読むのもおすすめである。

ただしこの本の魅力にはまり過ぎてしまうと、実際にインドに行ったとき河童氏の覗いた「穴」を通してしか見られない、なんてことになるかもしれないので、そこのところは要注意なのである。

シンプルデザインの真鍮製シンギングボウル