インド関連本紹介:「インド鉄道紀行」宮脇俊三・著

インド鉄道紀行:宮脇俊三

これはもう題名からして本の内容がわかってしまう。
そう、インドの鉄道旅に特化した紀行本である。

著者は数々の鉄道紀行本を世に出されている宮脇俊三氏であるが、そんな日本を代表する鉄道作家が、アジアで最初に鉄道が敷かれた鉄道大国インドに乗り込み、そしてもちろん鉄道にも乗り込みまくる。

もっとも時代は1988年と少々(だいぶ?)古く、スマホで切符が買えてしまう現在とはまさしく隔世(なにしろホントに世紀が違う)の感があるが、経済鎖国もまだ解けぬ古き良き、そして超不便なインド事情にも触れられそれがまた楽しい。

著者は当時すでに62歳(渡印中に誕生日を迎えられている)、周囲から暑い時季は避けるよう進言され渡印を気候の良い11月~12月にし、全工程にガイドが随行するという旅ではあったが、約二週間の日程でニューデリー-カルカッタ(コルカタ)、カルカッタ-ヴァラナスィ、アグラ-ニューデリー、ニューデリー-ボンベイ(ムンバイ)、ボンベイ-バンガロール(ベンガルール)、ジョラペティ-カニャクマリ、トリヴァンドラム-コーチンと列車に乗りまくる。氏の記述によると「車中四泊、乗車距離5700km」だそうである。ああ、こうして書き写しているだけで気持ちが悪くなりそうだ・・・

しかも宮脇氏はこの旅でやり残した「二つのこと」をやり遂げるため、半年後に再びインドを訪れるのである。まったくなんというもの好きであろうか。

もしかしたら乗り物酔いの激しい方は読んでいるだけで酔ってしまうかもしれないが、本書は氏の鉄道ウンチクだけでなく、ガイドとのユーモラスなやり取りなども満載で読み応え充分な鉄道紀行本となっている。
なので特に鉄道好きというわけではない人にもおすすめな一冊である。

さあ、表紙をめくればそこからもうインドの鉄道旅が始まる!

インド関連本紹介:「インド放浪」藤原新也・著

「インド放浪」藤原新也・著

私が初めてこの本を開いたのは、まだ20代の前半の頃だった。

知り合いの家の書棚で見つけて読み始めたのだが、何ページも読み進まないうちに読むのをやめてしまった。
いや、内容がつまらなかったのではなく、怖くなってそれ以上読み進められなくなってしまったのである。

この本の内容はその題名の通り、著者である藤原新也氏が1968年と1970年にインドをさまよい歩いた時の話である。

ではそんな「旅行記」のどこが恐ろしかったのかというと、それは河を流れゆく死体の描写なのであった。
それが文章による表現力というものなのだろうが、その時の私にはその「死体」が恐ろしかった。またそんなものが流れていく「インド」という国の得体の知れなさが恐ろしかった。さらにはそういう文章を書く「著者」自身が恐ろしかったのである。

なんせ自分と同じくらいの若者(著者がインドを旅した時点、また著述した時期での年齢ですね)が書いているわけで、なんだかいきなり「貴様ぁ~!平和面してのうのうと暮らしおってぇ!」と胸倉をつかまれて怒鳴られたような気分だったのである。

そしてあれからいく年月、なんの因果かインドに携わる仕事に就いた頃、この本を譲り受けたのであった。しかもあの若かりし頃手に取ったまさしくその本なのである。
奥付を見ると「1982年5月20日 第1刷発行(朝日選書版)」とあるので、私が一度読みかけたのもそのころかと思われる。

で、実はこの本を譲り受けたあとも、私はしばらく読もうとしなかった。
やはりあの第一印象が私の記憶に強く刻み込まれており、ぷちトラウマみたいになっていたのである。
また著者のことをあまりよく知らない(もちろん名前は知っていたが、その人となりというものがよくわからない)ということも一因であった。つまりまあ、きっと怖いひとなんだろうなあ・・・と思っていたのである。

しかしある時(確かとんでもなく早い時間帯、朝の5時とかに)偶然テレビで著者を見たのであった。
それは写真家でもある著者が、どこかの島の猫たちの写真を撮っている映像であったのだが、初めて動いている著者を拝見し、「あー、特別怖い人じゃないんだ」ということがわかった。なにしろ猫の写真を撮っているのである。怖い人のはずがないのである。

そこでようやくもう一度読んでみようという気になったのであった。

あらためて読んでみると、なぜあの頃あれほど怖がったのかわからないほどおもしろかった。
まあ私が何度もインドに行くようになっていたということもあるが、少なくとも読み進められなくなるような恐ろしい内容では決してない。

とにかくよく観察され描写されている。
中でもヒンディー語の語感について書かれている箇所には、なるほどと感心して(私が言うのは実におこがましいが)しまった。

著者曰く「ヒンドウ語は、大地の上で響きわたる時、初めてその言葉の持つ美しい響きを発揮するかのようだ。」とある。

このくだりを読んだとき、インドの大地でのびやかに生きる人々の姿を見たような気がした。

とまあ、なかなか刺激の強い個所もあるけれど、それだけ読み応えのある本なので、まだお読みでない方はぜひ一度お試しあれ。

インド関連本紹介:「河童の覗いたインド」妹尾河童・著

「河童の覗いたインド」妹尾河童・著

もうこの本を何度読み返したかわからない。

もともとオレンジ色だった表紙の背はすっかり色が抜けてしまった。
それでいてちゃんと帯が残っているところが、この本に対する持ち主(私のことですね)の愛着がうかがわれる。

本の内容は著者である妹尾河童氏が、ひと月半ずつ二度にわたりインドを巡った時の見聞録であるのだが、氏の類まれなる旺盛な好奇心を原動力に、いろいろなものがイラストとともに詳しく紹介されている。

中でも私が最も興味をひかれたのが「インドの弁当箱」と「ガンディーのサンダル」であった。この本に出会ったのが、私が初めてインドに行く直前(1987年)だったので、インドで弁当箱を買うこととガンディーのサンダルを見ることが、旅の重要な目的になったほどである。

また著者が泊まり歩いたホテルの部屋の詳細な見取り図がすばらしく、それを眺めているだけでもインドを旅しているような気分になれる。
私がこの本を何度も読み返すのも、ホテルの部屋を眺めインドにいる気分になろうとするゆえなのである。

この本で紹介されているインドは1978年と1983年でかなり昔のことなのだが、それゆえ今ではもう体験できないこと(たとえばマドゥライのミーナクシ寺院の高い屋根の上に登ることなど)も紹介されていてとても参考になる。
でも大半は今でも普通に見られるものばかりなので、インドのガイドブックとして読むのもおすすめである。

ただしこの本の魅力にはまり過ぎてしまうと、実際にインドに行ったとき河童氏の覗いた「穴」を通してしか見られない、なんてことになるかもしれないので、そこのところは要注意なのである。

インド:大画面いっぱいに広がるインド・スラムドッグ$ミリオネア

アカデミー賞8部門受賞の快挙を成し遂げた「スラムドッグ$ミリオネア」を観て参りました。

インド関連映画・スラムドッグミリオネアストーリーに関しましては「原作(こちら参照)とはだいぶ違う(よくあることですけど)」ということだけに留め、ごく個人的な感想をば書かせて頂くのでありますが、いやあ、映画が始まった途端、「おお!・・・インドだあ!」と感じまして、次第に「インドだインドだあ!」となり、さらに「インドだインドだインドだあ!」となったのでございます。

なんのこっちゃ? 
とお思いのことと思いますが、つまりは映画館の大画面から放たれる画像はまさしく「インドだあ!」でありまして、大スピーカーから流れ出るセリフや音楽もまた「インドだあ!」というわけなのであります。ただこの感想はインドに行ったことがあるかどうかでだいぶ違ったものになるかもしれません。

さて、この映画はインドが舞台でインド人のみでストーリーが展開されて行くのですが、実際は「イギリス映画」でありまして、まあかつての宗主国とはいえ外部の人間が作った作品なのであります。そんなこともあってか、インド人からは「スラムなんてものを強調しやがって、なろー!」という批判の声も上がっているのでありますが、私はむしろそこではなく、別のところがちょっと気になったのであります。

その気になったところというのは・・・

この物語はテレビのクイズ番組「Who Wants to Be a Millionaire?」(日本では「クイズ$ミリオネア」ですね)が中心となって進行して行きます。
で、問題はですね、その番組を進行させる司会者(アニール・カプールというインドでは有名な俳優さん)がちょっと意地悪なのですよ。
そりゃあまあ映画でありますし、あくまでもフィクションですので、どんなアコギなことをしてもいいと言えばいいのですが、そのクイズ番組と言やああーた、インドでは「Kaun Banega Crorepati」という題名で実際に放映されているものでありまして、しかも司会は大スターにしてインド国民の英雄的存在と言っても過言ではないインド映画界の重鎮アミターブ・バッチャンとシャールク・カーンが歴任するという人気番組なのであります。(こちら参照)
そんな番組の司会者を意地悪に描いてしまうというのは、なんだかちょっとインド国民に対するボートクになってしまうのではないかとね、そんなことを危惧してしまったのであります。

あっ・・・

決して日本の「クイズ$ミリオネア」に置き換えて考えてはいけませんよ。司会者の格がぜんぜん違いますから。

なのでこの映画を観に行く時は、「クイズ$ミリオネア」を頭の中から完全に払拭してからお出かけ下さい。
そうすればきっと「インド」を堪能できることでありましょう。

インド:祝アカデミー賞受賞・スラムドッグ$ミリオネア

「ファイナル・アンサー!」

日本でもこの言葉を聞けば、「あー、クイズ$ミリオネアね」とすぐにアンサーする人も多いかと思いますが、この番組はもともと「Who Wants to Be a Millionaire?」という題名のイギリスのテレビ番組でありまして、インドでも2000年頃から「Kaun Banega Crorepati」と題するインド版を放送しております。

インド版クイズミリオネア番組の内容はほとんど「クイズ$ミリオネア」と同じなのですが、日本版との大きな違いはなんといっても司会者です。なにしろ初代司会者はインド映画界の重鎮「Big-B」ことアミターブ・バッチャン、そして二代目司会者は「キング・オブ・ボリウッド」として君臨する大スター、シャールク・カーンが起用されるという実に豪華なクイズ番組なのであります。
そりゃあみのさんもすごい人かもしれませんが、言ってみりゃ司会の専門家であります。それに対してインド版の司会者は、本業は映画俳優(しかも大スター)でありながらユーモアを交えながら機転を利かして番組を進行させて行くという、もひとつすごい人たちなのであります。

で、今回の第81回アカデミー賞で、作品賞を始めとする8部門を受賞した「スラムドッグ$ミリオネア」は、そんなクイズ番組でみごと賞金を獲得したインド人少年のお話なのであります。

まあ私はまだその映画を見ておりませんので、どんな作品に仕上がっているのか知らないのですが、原作の方はすでに読んで(もちろん日本語翻訳版です)こちらでご紹介しておりますので、もし映画の封切り(4月からだそうですが)まで待てないという方は原作を先に読まれるのも良いかと思います。

なにはともあれ、

アカデミー賞受賞おめでとうございます!