ドナルドさんて・・・どちらのドナルドさんですか

デリー某所のマクドナルドに久々に行ってみた。

本当はその向かいの店で、良く茹でたお腹にやさしいパスタを食べるつもりだったのだが、改装中でやっていなかったので仕方なくマクドナルドにしたのであった。

この店ももう開店から15年以上になるだろうか・・・インドではここに限ったことではないが、外観はかなりすすけてしまい、かつての華やかさのカケラも見えない。

しかし店内二階に鎮座するドナルドはすすけていなかった。

インドのドナルド・マクドナルド

あらぬ方を眺め、何を思うかドナルドよ。

きっと大切にされているのであろう、相変わらずの美白大臣ぶりである。

それにしてもどこか目鼻立ちがクッキリし過ぎているようにも思える・・・

インドの目鼻立ちクッキリのドナルド・マクドナルド

今の若い娘と違い、昔の日本ではタヌキのような化粧になってしまっている、化粧デビューしたての若い娘がいたものである。

あー、化粧直しをしたのだな・・・

たぶん全部ペンキを塗りなおし、最後に顔を描き入れたのであろう。

インドでは邪視(他人からの妬みなどの視線)除けとして、子供の目の周りを黒く塗りたくったりするが、これもそのようなものなのだろうか。サンダースおじさんがどこかから睨んでいるのかもしれない。

それにしてもすごい筆遣いである。なんだか大宮デン助のようである。今にも「スミちゃぁ~ん」とか言い出しそうだ。

でも以前どこかの国の教会で、素人のおばさんが修復したキリストの絵が話題になり、結果的に人が押し寄せたということがあったので、このドナルドの店もこれから繁盛するかもしれない。

なのでデリー某所などと言わず、ちゃんと場所を言っておこう。

ここはデリーのカロルバーグ地区、アジマルカーン・ロードにあるマクドナルドである。
最寄り駅はデリーメトロのKarol Bagh駅、そこから歩いて10分くらいなのだ。
わからなかったら駅前にたくさんたむろしているサイクルリキシャに連れて行ってもらうといいだろう。

ドナルドは二階で君の来るのをずっと待ってるよ。

来なきゃドナルドが君の所に行くよ、夜中にね。

インドの伝統工芸細密画

わずかなスペースを有効利用・インドの露店本屋

グジャラート州バーヴナガルの交差点に露店の本屋があった。

メイン商品は雑誌や新聞のようで、古本屋というわけではなさそうである。
道路わきの金属製の柵を上手に利用して、たくさんの雑誌の表紙を見せている。インドでは間口の狭い店が多いが、その点この店はなかなかの好立地と言えるかもしれない。

インド・街角の露店本屋

露店の本屋は道路の柵を利用して上手に雑誌を陳列している。

また時間が昼下がりということで、本屋のおやじも柵の台座のわずかなスペースに、平積みの本と並んで昼寝をしていた。
こんなに狭いところで落ちやしないかと心配になるが、おやじの左手の指はしっかり柵に引っ掛けられていて、落ちることはないのである。

インド・街角の露店本屋の昼寝風景

露店の本屋のおやじは道路の柵を利用して上手に体を横たえている。

インドは広い国土を持つ国なのに、ちょっとしたスペースを最大限に利用する知恵は日本人以上だなあと、思わせられることがよくあるのである。

凧屋の株は今が買いということか・インドの凧屋

インドは凧揚げが盛んである。
中でもグジャラート州は、年に一度凧フェスティバルが開かれるほど盛んである。

なのでインドでは凧の専門店がある。しかも一軒や二軒ではなく、軒並みあったりするので驚く。

これはバーヴナガルの旧市街の凧屋である。そしてその隣も凧屋である。

インドの凧専門店

凧がこれだけあるということは、それを作っている人もたくさんいるということである。

当然売っているのは凧である。あちらの言葉で「パタン」という。
日本でも凧のことを「ハタ」という地方があるが、このパタン語源説もあるようだ。

インド。凧専門店の店頭で山のように積み重なる凧

この界隈の凧を全部積み上げたら、揚がる高さより高くなるかも。

専門店なので凧本体だけでなく、その用品も扱っている。
しかし凧用品といっても糸と糸巻くらいしか思いつかないし、実際店内の棚を見たところ、やはりその程度の商品しかないようであった。

インド・凧専門店の商品棚には凧糸がたくさん並ぶ

凧糸もたくさん売られているが、素人にはその違いがわからない。

とにかく一軒の店だけでもかなりの数の凧を売っている。
さすがにこれだけの凧がすべて売り切れるとは到底思えないのだが、実はインドの凧揚げは喧嘩凧で、相手の凧と糸の切り合いをするのだ。
つまりどう少なく見積もっても、ふたつにひとつはどこかへ飛んで行ってしまうことになる。さらに戦いが続けばもっと多くの凧が空の藻屑(?)となるのである。

ということで、糸を切られた凧とはまさしく対照的に、凧屋の方では切れ目なく凧が売れていくということなのであろう。

インド先住民族の工芸品ドクラ