新年のごあいさつ

新年明けましておめでとうございます。

2014010101写真はインドの西の果て、グジャラート州ドワルカの日の出です。
ここはヒンドゥー教の聖地であるため、毎日たくさんの信者がやって来ては朝日を拝み、そして祈りを捧げます。

そんなグジャラートの旅のお話しは来週あたり(8日頃)から始める予定です。
ぜひまたその頃覗きに来てやって下さい。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

木陰のおかげなのだ:夏場のインドの特等席

この時期(4月~6月)のデリーの気温は連日40℃を超え、直射日光はまさしく刺すような強烈なものとなる。

当然車のボディーは焼けた鉄板のようになり、その車内は貧弱なクーラーではちょっとやそっとじゃ涼しくならない。
夏場のデリーの駐車場なので駐車スペースは木陰が特等席だというのは言うまでもない。いや、それはなにも車だけでなく、人間だって動物だって同じことである。
特にインドの酷暑期は空気が乾燥しているので、湿度の高い日本の夏では考えられないくらい木陰の涼しさが快適に感じられ、日向と木陰の差はそれはもう月とスッポン雲泥の差、ウコンとうんこくらい違うのである。

日本語には「お蔭様」という言葉があるが、遠きインドの地に於いて、その言葉の意味をあらためて肌で感じるのである。

寄らば大樹の陰なのだ:インドの木陰

まあインドに限ったことではないが、強烈な太陽の日差しはなるべく避けたいもの。日本でも夏にはちょっとした日陰になんとか身を置こうと努力している人をよく見かける。

インドの木陰ここは南インド、マハーバリプラム。
この街は巨石の彫刻で知られているのだが、その中でも有名な「アルジュナの苦行」と呼ばれる大作の上部から下を見下ろすと、客待ちのガイドたちも観光客もみんなきれいに木陰に収まっていておかしかった。

まさしく、寄らば大樹の陰なのだ。

明けましておめでとうございます:インドの朝日

2012年はちょっと語り口調を変えてみました。「なんか生意気!」と言わずに今年もぜひお付き合い下さい。

早いもので今年も6日が過ぎ、そろそろ「おめでとう」でもないかもしれないし、さらにこの写真は初日の出ではないときたもので、ふざけるのもいいかげんにしろと怒られてしまいそうだが、今年は(も?)そんなことは気にせずどんどん行くのである。

インド・ラーメシュワラムの朝日さて、この写真は南インドのラーメシュワラムというところの海岸で撮ったものであるが、ここはヒンドゥー教の聖地となっており、毎朝日の出前から信者が大挙して訪れては、ご来光を拝むのである。

見よ、あの頭を垂れて祈る男の姿を、そしてこのご来光に見とれる女の姿を。まるでこちらまで心が洗われるようではないか。

そんなわけで、今年はこんな口調で行ってみようと思うのである。

では、本年もどうぞよろしくお願い申し上げてしまうのである。

あっ、ブログの本格始動は連休明けからで~す!