南インドの休日:その8 / フォート・コーチン漁師の実力

フォート・コーチンの名所といったら、なんといってもチャイニーズ・フィッシングネットである。南インド、ケララ州、フォートコーチンのチャイニーズ・フィッシングネットチャイニーズ・フィッシングネットは巨大な四手網で、数人の男たちが力を合わせて海の中に沈めたり上げたりしている。
しかし残念なことにその水揚げ量(というより釣果と言った方が適切かも)は悲しいくらい少ない。南インド、ケララ州、フォートコーチンのチャイニーズ・フィッシングネットところがそのチャイニーズ・フィッシングネットのすぐ後ろでは、毎朝魚のセリがにぎやかに執り行われ、たくさんの魚が売り買いされている。南インド、ケララ州、フォートコーチンのチャイニーズ・フィッシングネットそばのセリ実はこれは主に漁船で漁をして来たものなのである。南インド、ケララ州、フォートコーチンの漁船で、これが結構いろんな種類があるのでちょっと見てみよう。

まずはアジのような魚とイシダイみたいに縦じまのある魚。
見た目は地味だが、その分なんとなくおいしそうである。南インド、ケララ州、フォートコーチンのチャイニーズ・フィッシングネットそばのセリで売られている魚次はタイのような魚だが、目のところをつかまれて痛そうである。
下の魚たちも「げっ!あんなとこ持たれちゃってるよ!」と驚いている。南インド、ケララ州、フォートコーチンのチャイニーズ・フィッシングネットそばのセリで売られている魚なんとも口に迫力のある魚である。
赤い色が食欲を誘うが、なんだか恨まれそうで怖い。南インド、ケララ州、フォートコーチンのチャイニーズ・フィッシングネットそばのセリで売られている魚箱からはみ出すほどの大きい魚もいる。
シイラであろうか。
乾燥してミイラにならないよう氷がかけられている。南インド、ケララ州、フォートコーチンのチャイニーズ・フィッシングネットそばのセリで売られている魚これはヒラメかカレーであろう。
まるで三枚に下ろされたようで、そのまま使えそうである。南インド、ケララ州、フォートコーチンのチャイニーズ・フィッシングネットそばのセリで売られている魚日本人の好きなイカもある。
以前この地でイカのことを「カルマリ」と教わったのでてっきりインドの言葉(ケララ州はマラヤーラム語)だとばっかり思っていたら、カルマリはイタリア語だかスペイン語だかで、とにかくインド固有の言葉ではなかった。南インド、ケララ州、フォートコーチンのチャイニーズ・フィッシングネットそばのセリで売られている魚こちらは世界中の人が好きなエビである。
エビを旨いと感じるのは万国万人共通のため、その時代でもっとも経済力のある国にエビが集まると聞いたことがある。
かつてはそれが日本だった時代もあったようだが、今はどの国なのであろうか。南インド、ケララ州、フォートコーチンのチャイニーズ・フィッシングネットそばのセリで売られている魚さらにイセエビもいる。
でもイセエビは伊勢の海老なんだからコーチンエビであろうか。南インド、ケララ州、フォートコーチンのチャイニーズ・フィッシングネットそばのセリで売られている魚それからカニだって売っている。
これはコヴァラム・ビーチで食べたことがあるが、殻が固くて厚く、身が少ないので食べた気がしなかった。
でも味噌仕立てのカニ汁にしたらおいしそうである。南インド、ケララ州、フォートコーチンのチャイニーズ・フィッシングネットそばのセリで売られている魚
とまあ、このようにフォート・コーチンの魚介類は実に豊富なのである。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く