インドの列車の設備・非常口

ちょっと前までインドの列車には非常口というものが無かった。

もっともインドでは長距離列車にせよ近郊通勤電車にせよ、常にドアが開け放たれたままのことが多いので、なにもわざわざ非常口まで作らなくてもいいのではないか、それより高速で走っているときくらい、ドアが開かないようにする方が先決じゃないのとも思ったりする。

しかしインドの列車のもうひとつの特徴として、基本的に窓が閉鎖的であるということがある。
もちろん暑いインドなのだから、エアコンのない一般車両(という言い方が適切かどうかわかんないけど、とにかく安い席のことね)の窓は大きく開くし風もびゅんびゅん入って来る。
しかしどの窓にも鉄格子ががっちり取り付けられていて、少なくとも人の出入りができない。
さらにエアコン付きの車両となると、窓ガラスはすべてはめ殺しでしかもご丁寧に内側にもう一枚ガラスがはめられ、人のみならずアリンコでさえ出入りができないのである。

インドの列車

インドの列車の窓にはガッチリ鉄格子がはめられている。

これが何事もなく運行されているときならもちろんなんら問題はない。先述のように列車のドアはいつでも開けられ、走行中に飛び降りることさえ可能なのだ。

しかし一朝有事の際にはやはり非常口は必要である。

じゃあ一朝有事とはどんな事態が考えられるのかと言えば・・・これは実に悲惨な出来事であったのだが、かつて列車が焼き討ちに遭い、逃げ遅れた乗客がたくさん亡くなったという事件があった。なにしろ出口は長い車両の両端にしかなく、窓には鉄格子がガッチリはめられているのだから・・・
それ以外にも脱線や転覆事故の時など、少しでも早く多くの人が脱出できる非常口は必須であろう。

おそらくそんな事件事故の教訓からだろう、ここ何年かでインドの列車にも非常口となる窓が設置(というか改良)された。

これはエアコン車の窓であるが、車両のほぼ中央の窓は有事の際に開けられるようになった。窓枠もそれが一目でわかるように赤く塗られている。

インドの寝台列車の窓

相変わらずガラスははめ殺しだが、内側に開くよう改造された。

そしてこちらはエアコンのない車両のものである。
こちらも車両の中央辺りの窓(例外もある)の鉄格子が撤去されている。代わりに内側に梯子状のものが取り付けられているが、これはもちろん有事の際には外されるのである。

インドの列車の非常口

今更ながら長い車両の窓すべてが鉄格子入りだったということが恐ろしく思われる。

とまあ列車の非常口設置などから、インドもだんだん生活の安全基準が上がって来ているのだなあと実感できるのである、

インドの列車の設備・モバイル用電源供給コンセント

今やインドの列車にもモバイル用の電源供給コンセントがある。

これはエアコン付二等車(A/C 2nd)のものである。

インドの列車のコンセント

このコンセントは私のベッド(上段)の枕元にあった。みんなで使うものなので、夜中に知らないおっさんが枕元辺りでガサゴソすることもあるが驚いてはいけないのだ。

でもまあエアコン付二等車は上級クラスであるので、スマホやタブレットの普及率からしてもこれくらいのサービスは特に驚くことではない。

しかしそれがスリーパークラス(寝台車としては一番下のクラス)にもあるとなると話は違う。おお、インドもついにここまで来たかと思わずにはいられない。

インドの列車のモバイル用コンセント

乗客共有のコンセントというのは同じだが、列車の等級によって乗客数が違うので競争率も断然違って来るのである。

なお上級クラスの車両でも乗客一人に対してひとつのコンセントが用意されているわけではないので、基本的には早い者勝ち、もしくは強いもの勝ち、または民主的話し合いによる譲り合い(まあやっぱこれが一番ですな)が必要となるのである。

南インドの休日:その20 / バックウォーターでのハウスボート滞在(後編)

ハウスボートは係留されてしまうともうただの家である。
しかも両サイドにぴったり他のハウスボートが停泊しているため景色も見えず、こうなるとあとは酒を飲むくらいしかない。

スタッフの方ももう船を操縦することもないので、どんどん食事の用意をしてくれる。

で、夜のメニューはというと、またもや各種和え物とサンバル、チャパティとスチームドライス。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートそしてメインディッシュはカレーソースをからめたチキンである。
これでザッツ・オール!なのだ。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートためしにお皿に盛りつけてみるとこんな感じである。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボート昼間連れて行かれた店で素直にエビを買っておけば、この空白をエビが満たしてくれたのであろう。

でもまあ今さらそんなことを言っても仕方ない。
まあ私にはビールがあるし、それからワインもあるので食事などどうでもいいのだ。
ちなみにこのワインはインドを代表するスーラワインである。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートチキンを肴にビールを飲み、さらにワインを飲んでしばらくまったりしていたが、あまり長居をしているとスタッフたちが片づけられないので、残ったワインを持って寝室に引っ込むことにした。

しかしせっかく大きな窓のある寝室だが、いかんせん目の前に隣のハウスボートがあるのでカーテンを閉めるしかない。せっかくの水上生活なのになんとも味気ないのだ。

11月のアレッピの夜は決して涼しくはなく、寝る時にはエアコンが必要なくらいであるが、さすがに水のシャワーはつらい。そこで私はタオルを濡らして体を拭くに留めた。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボート朝は明るくなると同時にあちこちからエンジンの音がし始めた。

寝室を出てみると、早くも隣のハウスボートはどこかへ行った後だった。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートさらにもうひとつ先のボートも出て行き、一気に視界が開けた。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボート次いで反対側のボートも出て行った。なんだかみんなやけにお早いお発ちなのだ。

それにしても昨夜こんな景色を見ながら夕食がとれたらなあ。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートボートがいなくなって空いたスペースでは、目の前の家のおっさんが朝の行水を始めた。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボート朝食はフレッシュジュースから始まる。
これはミックスジュースだが、材料はテーブルに置いてあったウェルカムフルーツであった。
昨日少し食べてしまったが、もし全部食べていたら朝のジュースはなかったのだろうか。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボート朝食のメインはマサラドーサにプレーンオムレツである。
食事はごくあっさりした内容だが、ようやく開けた視界が味をぐっと引き立ててくれる。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボート朝食を終えるともう8時過ぎ、そろそろこのボートも出発なのだ。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートしばらくは水郷地帯の朝の風景などをのんびり眺め、残り少ないクルーズを楽しんでいたが、南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートだんだん周囲にハウスボートが増えて来た。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートそしてついにハウスボートの大集団となった。

まあ出る時もあれだけのボートがいたわけだし、ましてや帰りは同じくらいのチェックアウト時間を目指してボートを走らせるので、こうなるのは当然であろう。

それにしてもまるで放牧場から畜舎に帰る牛の群れのようである。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートわがハウスボートが元の係留場所に戻ったのは、チェックアウト時間の9時ちょうどであった。さすがである。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートボートを降り、一日お世話になったスタッフの二人に笑顔でお礼を言った。
しかしなぜかスタッフには笑顔がない。それどころか右側のスタッフはちょっと怒っているようである。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートすると迎えに来てくれていたエージェントのおっさんが「スタッフにチップを渡したか?」と聞いて来た。

なるほど、そうだったか・・・

インドではこういう判断が難しいのである。基本的にはインドにはチップの習慣はないと解説しているガイドブックもあるし、実際そうなのだと思う。
しかし今回のようにチップがいるケースがあるのも事実である。

エージェントのおっさんにチップの相場を聞くと、それぞれ100ルピーずつあげてくれとのことだった。

スタッフのところに戻り、すまんすまん、すっかり渡すのを忘れていたと言いながら、あらためて二人にチップを手渡したが、彼らの表情は険しさこそ消えたものの、ついに笑顔は戻らなかった。
でもそんなところが南インドの人たちのすれていないところなのだろう。お金をもらったからといってすぐに態度を変えたりするのは恥ずかしいよな、とか思っているのだと思うのである。

とまあ、以上がアレッピのハウスボート一泊二日滞在記となるのだが、最後にもう一度注意点を挙げておくので、これからアレッピに行こうとしている人はぜひ参考にして、快適な滞在をされんことを切に祈る次第なのである。

【ハウスボート滞在における注意点】

 1、酒は早めに用意する。
 2、できればエビは買っておこう。
 3、チップを忘れずに!

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

南インドの休日:その19 / バックウォーターでのハウスボート滞在(中編)

昼食終了後はふたたびクルーズが始まる。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートバックウォーターと呼ばれるアレッピ周辺の水郷地帯は、主に水田として活用されていて、運河とは椰子の木の茂る畔で仕切られているが、低い船からでも時折田んぼが見えたりする。
稲が刈り取られた後なのか、それとも田植えの直前なのか、土があらわになった田んぼには、餌を求めておびただしい数の水鳥たちが集まって来る。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートまた運河沿いは生活の場でもあり、人々は広い畔というか中州というか、とにかく水に囲まれた土地に家を建てて住んでいる。
水路が道路より発達したこの地では、さしあたりこの家などは大通りに面した一等地に建っていると言えるのかもしれない。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートわがハウスボートはそんな大通り的水路を進んでいるのだが、それだけに行き交うハウスボートも多く、ひんぱんにすれ違う。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボート先にも述べたようにハウスボートにもいろいろな大きさのものがある。
今すれ違おうとしているこれなどは二階建ての大きなものである。きっと家族や仲間の大グループで借り切っているのだろう。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートいずれにせよハウスボートに乗ってるのは休暇を楽しむ人たちばかりなので、みんな一様にウキウキしていてテンションが高い。酒も入っているのかもしれないが、若者のグループなどはすれ違う時に大げさな身振りで呼びかけて来たりするので、こちらも負けずに元気よくあいさつをすることになる。
もっともこちらもほろ酔い気分なので悪い気はしないのである。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートそんな風にのんびりと田園風景や水鳥、そして行き交うハウスボートの人たちを眺めながら船に揺られていると、意外なほど早く時が過ぎて行き、早くも陽がヤシの葉影に隠れるほどの時間になってしまった。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートハウスボートは夜になると停泊し、翌朝まで動かない。
それは事前に知っていたが、はたしてどのような眺めの場所に係留するのだろう、あまり人気のなさすぎる場所でもさみしくて嫌だなあ、と思っていたら、船を着けた場所はなんと民家の庭先だった。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートしかも同じ場所に後から後からハウスボートがやって来る。
ほら、右側はこんな感じである。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートそして左側のこんな近い場所にもハウスボートがいる。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートこれならまあ決してさみしい思いはしなくて済むが、わざわざ船に泊まるという観点からしたらどうなのよ?
せめて舳先を岸とは反対側にして泊めてくれれば、広々とした運河が見えていいのになと思うのだが・・・

あまりの予想外の展開にしばし唖然としていると、ハウスボートのスタッフに加え、前の家から出て来たおっさんも手伝ってどんどん係留作業は進んで行く。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボート最後に前の家からひかれて来ている電線に船からのプラグを差した。
なるほど、夜間電力は船に搭載した自家発電機ではなく陸地からもらうというわけか。
確かに夜中中発電機を回してたらうるさくて仕方ないわなあ。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートそんなわけで夜は寝室のエアコンも使えるということになって、誠にありがたいことではあるのだが、てっきり椰子の林に囲まれた静かな水辺での滞在になるのかと思っていたら、こんな向こう三軒両隣、とんとんとんからりんと隣組みたいな感じになってしまい、あららあ、なのであった。

でもなんだかこのシチュエーション、昔あこがれたアニマル1(ワン)の世界みたいでちょっといいかもしれない。

注:「アニマル1」と言っても動物が出て来るジャングルの話ではなく、オリンピックを目指すレスリング選手の漫画である。 主人公の東一郎の大家族が船で暮らしているのだが、子供のころそれがうらやましかったのである。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

南インドの休日:その18 / バックウォーターでのハウスボート滞在(前編)

ハウスボートの滞在は、どこもおおよそ正午から翌日の午前9時までとなっているようである。

私は11時に来るようにと言われたが、まず待ち合わせ場所のお土産屋に立ち寄り、さらにビールの買い出しなどがあったため、結局乗船は11時50分頃となった。

ハウスボート乗り場(というか係留場かな)には想像以上の数のハウスボートが並んでいた。
そんな中の一艘に案内され、舳先から板を渡しただけのあぶなっかしい仮設桟橋で乗り込む。
ちなみに黒シャツのおっさんが、今回のハウスボートを手配してくれた業者である。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートウエルカムドリンク(もちろんソフトドリンク)のサービスを受け、いよいよ出航である。

両サイドのハウスボートにぶつからないように注意しながら、船はゆっくり後退して行く。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートとにかくどのハウスボートも同じようなスケジュールを組んでいるため、水路に出てもおびただしい数のハウスボートがいる。まるで出勤ラッシュである。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボート水郷の風景を楽しみながらのゆったりした船旅を想像していたのに、いきなりボートレースのような様相を呈して来た。
船は少しでも遅い船をどんどん追い抜いて行く。
たいして広い水路ではないので、おそらく取り決めでこの水路は一方通行になっているのであろう。その点ではインドのバスが公道で繰り広げるチキンレースよりはるかにマシである。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボート船は20分ほど走ると大きな湖に出た。
さすがにここでは先ほどのようなハウスボートの密集は解けたが、湖のそこかしこに船が浮かぶ光景は、さながらいにしえの合戦風景のようにも思える。

とにかくまあ、これでようやくゆったりした船旅が始まりそうである。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートと思ってくつろいでいたら、5分もしないうちに船は岸に向かって進んで行き、お店らしき建物の前に接岸してしまった。

船のスタッフが言うには、この店にはいろいろな食材が置いてあるから、もしよかったら夕食用に買って行くといいとのことなのである。

私としてはハウスボート滞在中は、乗ったら最後翌日の下船までそのまま乗ったきりで、ビールを飲みながら過ぎ行く景色をぼんやり眺め、ただただ怠惰にうだうだしていようと思ったので実に余計なおせっかいなのである。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートでもまあ一応いい大人なので、やだ、絶対下りない、などとは言えず、とりあえず下船して店の人の差し出すバケツの中のエビなど眺めたが、エビ一尾がなんと1500ルピー(約3000円)もするというのでとても買う気にはなれなかった。なにしろそれじゃ仕入れた酒代より高いじゃないの。

しかしそこは日本人気質というか、なにも買わないのもなんだかなあ・・・ということで、ガラスケースの中に並んでいたポテトチップス(40ルピー/約80円)とピーナッツ(20ルピー/約40円)を買った。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートポテトチップスは買う前から、これはどうなのかなあと危惧してはいたが、ビニール袋の内側は油がベトベトであり、チップス自体もちょっとしけった感じであった。

でも思えば子供のころに食べたポテトチップスもこんな感じだったなあと、少しなつかしみながら口にしてみたが、やっぱりおいしくなく、すぐに食べるのをやめてしまった。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートおそらくあの店で買い物をすると、そのうちのいくらかが客を連れて来たハウスボートスタッフの懐に入るのだろう。ポテトチップスと豆しか買わない私を見るスタッフたちの視線が、少し険しいように感じられた。

そんなケチな客を乗せて再び走り出した船だったが、またまたすぐに岸に着けられ、今度はロープでしっかりと係留されてしまった。
どうやらここで船を泊めて昼食の準備をするらしい。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボート昼食のメニューは、サンバル、インゲンの和え物、パイナップルの和え物、キャベツの和え物とスチームドライスにフライドパッパル。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートさらにメインディッシュとして、カレー味の魚のフライといったラインナップである。南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボートそしてこれ、苦労して手に入れたビールである。

ということで、まずは乾杯なのだ!南インド、ケララ州、アレッピーのハウスボート

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く