2016年グジャラート再訪・第43回 / ジャムナガルからブジへ

昨日バススタンドで調べたところ、ブジ行のバスは6時30分発とのことだったので、5時45分に宿を出た。

宿のロビーにはオーナーのおっさん自らが毛布にくるまり寝ていたが、近づくと目を覚ましたので部屋の鍵を手渡し礼を言う。
おっさんは起き上がりもせず、軽く片手を上げただけだった。

ジャムナガルはインドの中でも西の端に近い街なので、この時間でもまだまだ暗い。
街灯もほとんどないので、車に轢かれないよう懐中電灯を点けて歩く。

インド、グジャラート州、ジャムナガル

実際はたいした距離ではないのに、人気のない暗い道はとてつもなく長く感じた。

バススタンドはすでにたくさんの人がいたので安心するとともに、もしかしたらこの人たちと座席をめぐるライバルになるのではないかと危惧する。

インフォメーションでブジ行のバス乗り場を尋ねると、すぐ目の前の「3番」だった。ここならバスが入って来た時にインフォメーションの係員に確かめられるので助かる。

インド、グジャラート州、ジャムナガルのバススタンド

さすがにバススタンドには朝早くからたくさんの人がいた。

小さな売店があったので、ポップコーンとピーナッツを買う。
それぞれ10ルピー(約16円)だったが、ポケットの1ルピーや2ルピーのコインをかき集めて売店のじいさんに渡すと、じいさんはそれを確認しようともしないで受け取る。もちろんこちらはちゃんと数えて正しく渡してはいるが、その鷹揚さとこちらを信用しているということに嬉しくなる。
インド、グジャラート州、ジャムナガルのバススタンド

バススタンドの小さな店はインド版キオスクといったところなのだ。

バスが入って来た。
人々はすばやくバスの入り口に殺到し、また出遅れた人は窓から荷物を突っ込みなんとか席を確保しようとしている。
グジャラート語の読めない私はそのバスがどこ行きかがわからず、インフォメーションの係員に確かめると、ブジ行ではないとのこと。あー、よかった。
インド、グジャラート州、ジャムナガルのバススタンド

この光景は何度見ても巨大な獲物に集団で立ち向かう肉食獣のように思えてしまう。草食系男子などはとても入り込む余地はないのだ。

その後もバスが入って来るたびに係員に尋ねるものだから、しまいには係員も部屋から出て来て私と一緒にバスの来るのを待っていてくれた。

ようやくブジ行のバスが入って来た。
幸いにも先ほどのバスのように人々が殺到することもなく、ゆったり落ち着いて乗り込むことができた。

インド、グジャラート州、ジャムナガルのバススタンド

このくらいの乗客数なら草食系男子でも問題ない。

こうした路線バスは座席の間隔が詰まっていて狭いのだが、後ろから二番目の非常口のある席は少し広くなっていて特等席である。
インド、グジャラート州営バス

インド国内線ではシート間隔の広い非常口横の席は特別料金になっているが、路線バスでは同じ料金なのだ。

また左側の席は二人掛けなので、右側の三人席に比べて楽である。
なので私は後ろから二番目の左側の席を確保した。
インド、グジャラート州営バス

足元は広いし食糧はあるし、快適なバス旅が(半分くらい)約束されたようなものである。

乗客も徐々に増え、八分ほど埋まった状態でバスは定刻に発車した。
インド、グジャラート州営バス

もしかしたらスカスカの状態での出発になるのかと思ったが、徐々に乗客が集まり始めた。

バスは街中のバススタンドで乗客を拾いながら進み、幹線道路に出るころにはほぼ満席となった。
インド、グジャラート州営バス

ジャムナガルの街のあちこちで人が乗り込み、ほぼ満席となった。

7時過ぎ、朝日が見え始める。
思えば3年前はこの辺りで突然バスが動かなくなり、修理が終わるのをじっと待ったものだった。
インド、グジャラート州営バス

日の出はどこで見てもすがすがしいものだが、3年前は故障して動かなくなったバスから降りて朝日を眺めたのだった。

また3年前はまだ道路の状態も悪く、あちこちで工事のために地面が掘り起こされており、そんな窪地のひとつを通る際にバスは後部をひどく地面にぶつけ、バンパーがめくれあがってしまったのだった。

しかし今ではしっかり道路が改修されたため、驚くほど早くモルビ(MORBI)のバススタンドに到着した。8時23分だった。
ちなみに前回は6時35分の出発で、途中故障もあり、モルビ到着は9時20分と一時間ほど遅かった。

インド、グジャラート州、モルビのバススタンド

道路の状態が格段に良くなったため、到着時間も大幅に早くなった。

20分ほどの休憩を終え、バスはモルビの街を抜けていく。
これからいよいよカッチ地方に向かう27号線へと入る。
インド、グジャラート州、モルビ

踏切は渋滞のネックとなるが、列車本数が少ないので「開かずの踏切」とはならないようである。

カッチ湾の最深部では塩作りが盛んで、大規模な塩田が整然と並ぶ。
塩田はブルーに見えるものもあれば赤っぽく見えるものもある。塩分濃度の違いでそう見えるのだろうか。
インド、グジャラート州、小カッチ湿原の塩田

塩田も以前より整備されきれいになったように思える。

27号線も片側三車線の立派な道路になっていて、バスは快調に走る。
インド、グジャラート州、27号線

グジャラート州は道路網がどんどん整備されていっている。

10時40分、バチャウ(BHACHAU)到着。
ここでまた20分の休憩に入るが、外に出ているうちに席が取られてしまうのを恐れ、座ったまま出発を待つ。
インド、グジャラート州、バチャウのバススタンド

外に出て手足を伸ばしたいところだが、席がなくなると困るのでじっと我慢なのだ。

11時45分、ガンディーダム(GANDHIDHAM)通過。
ここは材木の集積地のようで、あちこちに材木置き場があり、また材木を満載したトレーラなどもよく見かける。近くを通るときにはバスの中でも、ホームセンターの材木売り場のような匂いがする。

バスはここからブジに向け内陸へと入って行く。

インド、グジャラート州、ガンディーダム

この材木は日本にも輸出されているのだろうか。

11時56分、アディプール(ADIPUR)到着。
インド、グジャラート州、アディプールのバススタンド

幹線道路から外れ、この辺りからぐっとローカル色が強くなる。

ここからブジまでは道路と線路が並行して走るが、何度か両者が交差することになる。
インド、グジャラート州、踏切

踏切で待たされるのはあまりありがたくないが、列車と遭遇するのはレアケースだと思えばこれも悪くない。

12時19分、アンジャール(ANJAR)到着。
ここはブジ手前の最後の大きな町らしく、この辺りでだいぶ乗客が少なくなる。
インド、グジャラート州、アンジャールのバススタンド

ここまで来ればもうブジも近い。

内陸に入って道が悪くなるが、それでもあちこちで改修工事が進められている。
ここでは跨線橋の建設が進められており、近い将来踏切待ちもなく陸送のスピードアップが実現するであろう。
インド、グジャラート州、ブジ近郊

近い将来バスもぐっとスピードアップすることだろう。

車内はかなりガラガラで、辺りの風景ものどかなものとなり、いよいよブジも目の前である。
インド、グジャラート州営の路線バス

さすがに乗客が少なくなってきた。

ブジは人口20万超の地方都市なので、街はそこそこ大きく賑やかである。
バススタンドはそんなブジの中心部にあり、州営バスならそこまで行けるのでとても便利である。
一方民営のバスでは街の外れで降ろされてしまうため、特に土地勘がないとオートリキシャなどのお世話になることになり面倒なのだ。
インド、グジャラート州、ブジ

バスはついに賑やかなブジの街中に入った。

13時30分、ついにブジのバススタンドに到着した。
約300kmの道のりを7時間ジャストで走ったことになるが、前回の所要時間8時間半と比較すると、スピードアップの主な要因はジャムナガル‐モルビ間のマイナス1時間と、道が格段に良くなったモルビ-ガンディーダム間ということになるのだろう。そして今後ブジ近郊の道が整備され、さらに所要時間が縮まるのは自明の理なのである。

とにかく無事にブジまで(決してシャレではないぞよ)連れて来てくれたバスの乗務員に心からのお礼を言い、バスを降りたのであった。

インド、グジャラート州、ブジのバススタンド

始発のジャムナガルからずっと乗ってきた人はほとんどいないのだろうが、ここで一緒に降りる人たちは同志のように思える。

*情報はすべて2016年11月時点のものです。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

真鍮製のアンティーク弁当箱

2016年グジャラート再訪・第40回 / ドワルカからジャムナガルへ

ジャムナガルのバススタンドもまた新築工事の真っ最中であった。
造りかけの建物の横にトイレだけはあったので用を済ませておく。

インド、グジャラート州ドワルカのバススタンド

このバススタンドもまた新築工事中であった。

大きなバススタンドには不釣り合いな小さな待合所でバスの到着をしばし待つ。

この時私の目の前に小額紙幣の束を持っている男がいた。バスの車掌と思しき男となにやら話をしていたので、もしかしたらお釣り用の小額紙幣を集める商売なのかもしれない。とにかくその大量の小額紙幣の束が実にうらやましい。できることなら私の500ルピー札と交換してもらいたいところである。

インド、グジャラート州ドワルカのバススタンド

小さな待合所でバスの到着を待つ。

そうこうしているうちに8時45分発のバスがやって来た。
思った通りここから乗る乗客は少なく、席は選び放題である。

インド、グジャラート州営のバス

このバスがジャムナガルまで連れて行ってくれるのである。

さて、グジャラート州営のバスはインターネットでチケットの事前購入と座席の指定ができることは以前にもご紹介したが(その記事はこちら「2016年グジャラート再訪・第8回 / アーマダバードのセントラルバススタンド」)、なにしろバスはぼろっちい普通の路線バスだし、はたして座席を予約して乗る人などいるのだろうかと半信半疑であった。ところがこのバスでその「事前予約」の人を初めて見た。

インド、グジャラート州のバス予約システム

グジャラート州営バスはインターネットで事前のチケット購入および座席の指定ができる。そもそも座席表が二人掛け+三人掛けになっているので、それだけで座席の狭いごく普通の路線バスだということがわかる。

たまたま私のすぐ前の席が「事前予約」されていた席のようであり、そんなこととは知らずその席に座った乗客を、車掌が別の席に移動させていた。ちゃんと予約は車掌に伝わっているというわけなのだ。(まあそりゃそうだろうけど)
そして次のバス停からちょっと身なりの良い夫婦が乗り込んで来ると、車掌の案内でその席に着いたのであった。
しかしその夫婦はあきらかに戸惑っているように見えた。そう、まさかこんなぼろっちい普通の路線バスだとは思わなかったのであろう。その証拠に夫婦は「事前予約」の権利を捨て、まだ空いてる席の中からもう少し居心地のよさそうな場所を見つけそこに移って行った。
事前予約は確実に座れるという点ではいいのだが、バスが空いてる場合はその場の雰囲気で席を選ぶ方が快適である。そしてこれはホテルなどの事前予約にも言えることである。

インド、グジャラート州営のバスの車内

早めに始発のバススタンドに行って乗ればたいてい座れるので、バスの状態や乗り合わせた乗客などを見てから席を決めるといいのだ。まあ座れないという可能性ももちろんあるけど。

このバスの車掌は実に陽気な男であった。
乗客に切符を売りながらもなにやら冗談などを言い笑わせ、車内が込み合って来ると少しでも多くの人が快適に座れるよう調整したり、しまいには車掌用の席まで乗客に与えてしまうほどであった。

インド、グジャラート州営のバスの車内

バス停に止まるたび乗客は増えて行き、車掌も大忙しである。

そんなナイスガイの車掌は私のところにも切符を売りにやって来た。ジャムナガルまでのバス賃は99ルピー(約158円)であった。
私は昨日と同様に財布から500ルピー札を取り出しナイスガイに渡す。
ナイスガイは少し困った顔をして「釣りはない」と言う。
私は空の財布を見せ「それしかないんだよなあ」と返す。
すると車掌は「じゃあ他の乗客からお金を集めたらお釣りを渡す」と言い、私のチケットに「400」と書き入れた。この時点でもう1ルピーの釣りは渡す気がないところが何とも言えないが、まあ500ルピー札が使えるなら1ルピーくらい手数料だと思ってナイスガイにあげてしまっても構わないのだ。

インド、グジャラート州のバスチケット

ジャムナガルまでのバス賃は99ルピーである。

バスが走る道路はカッチ湾に沿っているため、湿地帯が多いらしくあちこちに湖や塩田が見える。

グジャラート州カティアワール半島のフラミンゴ

カッチ湾の最深部は小カッチ湿原と呼ばれる地域だが、全般的に湾の沿岸は湿地が多いようである。

そして湖にはピンク色のフラミンゴがたくさんいる。
もちろんここは行川アイランドではないので野生のフラミンゴである。

グジャラート州カティアワール半島のフラミンゴ

たくさんのフラミンゴが羽を休めたり餌を取ったりしている。

現インド首相モディの地元グジャラート州は幹線道路の整備が進んでいて、このぼろっちいバスでもそれほど揺れず、快走するのであっという間にジャムナガルに近づいて行く。

10:20 ジャムカンバリヤ(JAMKHAMBALIYA)バススタンドに到着。

インド、グジャラート州JAMKAMBALIAのバススタンド

ここまで来ればもうジャムナガルは近い。

この町はわりと大きいのかたくさんの乗客が乗り込んで来た。

インド、グジャラート州JAMKAMBALIAのバススタンド

ここでいままでにないほど大量の乗客が乗り込んで来た。

窓の下に物売りの少年が近づいて来たので、売り物を見せてもらうとポテトチップスであった。

インド、グジャラート州JAMKAMBALIAのバススタンドの物売り

大きなバススタンドにはこうした物売りがいるので便利である。

ジャムナガルまでもうあと少しなので気も楽になり、さっぱり塩味のポテトチップスを買う。値段は10ルピー(約16円)である。

インド、グジャラート州JAMKAMBALIAのバススタンドの物売り

少年の物売りからシンプル塩味のポテトチップスを購入。

さっそくポテトチップスを食べようとしていると、なにやら視線を感じそちらを見てみると、車内に乗り込んで来たポップコーン売りのおやじと目が合った。おやじは私が無類のポップコーン好きだと見抜いたようである。

インド、グジャラート州JAMKAMBALIAのバススタンドの物売り

ポップコーン売りのおやじは、こちらの心を見透かしたようにポップコーンを見せる。

なのでポップコーンも買う。これも10ルピーである。

インド、グジャラート州JAMKAMBALIAのバススタンドの物売り

結局誘惑に負けてポップコーンも買ってしまう。

バスは再び走り出した。もうあと1時間ちょっとでジャムナガルに到着するはずである。
私は大好物のポップコーンを一粒ずつ口に入れ、本来なら至福のひと時とポップコーンをゆったり味わう環境にあるはずなのだが、どうも心の奥がざわついて仕方がない。そう、それは私のチケットのお釣り400ルピーのことである。
先ほどのバススタンドからもたくさんの乗客が乗り込み、すでに車掌の手には私に400ルピーを返しても有り余るほどの札が握られている。そしておそらくこの先それほどたくさんのお釣りが必要になるとも思えない。なのでそろそろ私に400ルピーを返してくれてもよさそうなものである。実際後から乗って来た乗客に100ルピー札のお釣りを渡しているところを何度も見ているのである。

グジャラート州営バスの車掌の札束を握る手

あれだけの乗客に切符を売ったので、これくらいのお金が集まるのは当然であろう。

しかし車掌は極力こちらを見ないようにしているように思われるフシがある。
そして車掌は持ち前の陽気さをさらにパワーアップさせ、かなりの上機嫌で周りの乗客と声高に談笑している。
まるで車掌は臨時収入でも入って嬉しくて仕方がないというようにも見える。
まさかそれは私の400ルピーのことではないだろうな。いや、あのナイスガイがまさかそんな・・・
いいか、お前にあげたのは1ルピーだけなんだからな。

結局車掌から私に対してのアプローチは何らなく、11時52分、バスはジャムナガルのバススタンドに到着してしまった。
あとは車掌がどこぞに消える前にふん捕まえて400ルピーを奪還するのみである。

インド、グジャラート州ジャムナガルのバススタンド

お釣りをもらえないままバスは目的地の到着してしまった。

バスが停止すると車掌はいち早くバスを降りて行ってしまった。
こちらは他の乗客に阻まれて思うように動けない。くそっ、私の400ルピーはやつの豪華な夕食になってしまうのか。

と思ったら、どうやらこのバスはジャムナガル止まりではないらしく、車掌は車外で降りる客と乗る客の整理をしていた。
しかし意図的に私の方を見ないようにしているのは間違いない。
私は素早く車掌に近づくと「400ルピーを返せ」と言った。当然の権利である。
ところが車掌は「何だ?それは?」ととぼけるのである。とんでもないナイスガイだな、お前は。
そこで私はチケットを見せた。そこには青いボールペンで車掌自らが書き入れた「400」の文字があるのだ。

さすがの車掌もそれ以上抵抗しなかった。もしかしたら「もう返しただろう」とか「その数字が何だと言うのだ」とか言って来る可能性もあるなと思ったが、そこはやはり根がナイスガイなのかもしれない。
それでも車掌は先ほどまでのナイスガイぶりはどこへやら、憮然とした表情で少し乱暴に400ルピーを突き出して来たのであった。

インド、グジャラート州ジャムナガルのバススタンド

まあお釣りはもらえたので良しとしようとは思うのだが・・・

今まで何度もこうした路線バスに乗ったが、乗務員たちは総じて親切であった。
なのでこんな嫌な思いをしたのは初めてであり怒り心頭であったが、冷静になって考えれば、3時間ものバスの行程の中、一度もお釣りの催促をしなかったこちらにも非がないとは言えないのかもしれないなとも思った。
そして何より、バスの中で見たあの車掌の働きぶりを思い起こせば、やはり根は悪いやつではないのだろうなと思うことにして、バススタンドを後にしたのであった。

*情報はすべて2016年11月時点のものです。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

インドの伝統工芸細密画

2016年グジャラート再訪・第39回 / ドワルカの次へ

さて、ドワルカから先のルートであるが、一応ブジを目指すつもりではあるのだが問題は資金である。なにしろ昨夜の時点で「法定通貨」は2,190ルピー(約3,500円)しか持っていないのである。

あとはホテルの支払いに500ルピー札が使えるかどうかなのだが、これはなんの問題もなく使えた。まさかあの大ニュースを従業員が知らないはずもないので、おそらくオーナーからまだ高額紙幣受取拒否の指示が出ていないのだろう。
1800ルピーの部屋代に500ルピー札を4枚出すと、従業員はあちこちから苦労してかき集めた10ルピー札と20ルピー札でお釣りを渡してくれたのだが、数えてみると190ルピーしかなかった。
しかしここはお釣りがもらえただけでもありがたいと思うことにして、その札束をポケットにねじ込むと早々にホテルをあとにした。

インド、グジャラート州ドワルカのホテルGOMTI

あちこちでこうした水槽を見るが、泳いでいる魚は地味なものが多い。

ということで、手持ちの「法定通貨」は合計2,380ルピー(約3,800円)となった。
また現時点ではまだ500ルピー札が使えそうな雰囲気でもあるので、予定通りブジを目指して進むことにする。

実はドワルカとブジは直線距離では140kmほどしかない。

空が飛べたらあっという間に行ける距離なのだ。

しかしその間にはカッチ湾があり、陸路ではこれを迂回する400km以上の道のりとなる。

そこでドワルカ近くのオカ(OKHA)から対岸のマンドービー(MANDVI)を結ぶフェリーが2015年秋に就航した。

インド、グジャラート州オカとマンドービーを結ぶフェリー

これが使えると遠回りをしなくて済むのだが・・・

ところがその船はシンガポールあたりから買ってきた中古船だったようで、就航間もなくエンジントラブルで休業に入ってしまい、この時点(2016年11月)でもまだ航路の再開には至っていなかった。

ということでまた路線バスでの移動となり、まずはジャムナガル(JAMNAGAR)を目指すことにする。

バスはドワルカに着いたときに下りた道端の反対側辺りで待っていれば乗れるのだが、それでは座れるかどうかわからない。
なのでここは面倒でも一旦バススタンドまで行き、始発のバスに乗るのがいい。

お金をあまり使いたくはないが、バススタンドまでは少々距離があるのでオートリキシャで行くことにした。

インド、グジャラート州ドワルカのオートリキシャ

なかなかきれいなオートリキシャである。

ホテル近くに停まっていたオートリキシャに尋ねると、バススタンドまで50ルピー(約80円)とのこと。
ちょっと高いかなとも思ったが、荷物もあることだし、またこのドライバーとの交渉や他のオートリキシャを探すのに時間を使うのも嫌だったのでそれで行ってもらうことにした。

インド、グジャラート州ドワルカのオートリキシャ

それにしてもすごいミラーの数である。これだけミラーがあればさぞかし全方位の安全が確認できることだろう。

オートリキシャは途中住宅街で停まり、ドライバーの奥さんと思しき女が車内に顔を突っ込むようにしてボールペンをねだったりして少々いらついたが、その後はスムーズに走り、お陰で30分後に出るというジャムナガル行のバスに間に合った。
おそらく歩いて来たらそのバスに乗れなかったと思うので、50ルピーは良い投資だったと言っていいだろう。

インド、グジャラート州ドワルカのオートリキシャ

カスタム仕様のシートは運転手横の乗車でも快適性を保証してくれるだろう。

*情報はすべて2016年11月時点のものです。

前のページへ行く目次へ行く次のページへ行く

インドのおもちゃ