水分補給はわすれずに・インドの飲料水

日本でも「熱中症対策には適度な水分補給を」なんてことが盛んに言われるが(ちょっと季節外れな話題だけど)、暑くて乾燥しているインドではなおさらである。

でも日本とは違い、やたらな水は飲めない。
たとえ「Drinking water(飲料水)」なんてわざわざ書いてある水道でも、ましてや道端に置いてある施しの水などは、旅行者は避けた方が無難であろう。

インドの道端の水瓶

道行く人にふるまわれる水瓶の水はちょっと魅力的ではある。

ではどうしたらいいかと言えば、それはやはりお金を出して安全な水を買うことである。

で、そういう水をつい「ミネラルウォーター」と言ってしまうのだが、あくまでもミネラルウォーターは地下水を基にしたものということで、日本でもそうでないものは「ボトルドウォーター」と呼ばれている(らしい・・・実際にそう呼ばれているのを聞いたことないけど)。
でもって、インドではそういうのを「パッケージド・ドリンキング・ウォーター(Packeged Drinking Water)」として売られている。

インドのペットボトル入り飲料水

今やインドでもいろいろな種類の水が売られるようになった。

一昔前はこういうペットボトル入りの飲料水を買う時には、必ず栓の封印が切られていないか(つまり詰め替え品でないか)を確かめたをものであるが、今ではいろいろな種類のものがごく普通に売られるようになったので、よほど怪しいところで買わない限りまず大丈夫かと思う。

それでも心配な人には、詰め替えがまずできないビニールパックの水をお勧めする。

インドのビニール袋入り飲料水

袋詰めの飲料水は手軽で庶民の味方なのだ。

このビニールパックの水は飲み切りサイズで値段も安く(10ルピー、約16円ほど)、売る方もバッグに無造作に放り込んで売り歩けるので便利なのだ。

飲むときには袋の一部を歯で噛み切って穴を開ける。
私などはそのまま袋にしゃぶりついて飲むが、インド人の多くは大きく開けた口めがけて放水する。
ただし歯で開けた穴なので水が真っ直ぐに、また一本の放物線で放出されるとは限らないので、飲み始めは口の周りや服の胸元までも濡らすことがあるので要注意なのである。

インド先住民族の工芸品ドクラ

これはインド版青汁といったところか・インドの清涼飲料水 “Jeeru”

インド滞在ではいつものことではあるのだが、今回はまた特にしつこい下痢に悩まされていた。

そんなある日、滞在していたホテル前の小さな店でこんなものを見つけた。

インドの清涼飲料水"Jeeru"

はたして次にインドに行った時も売られているだろうか。

商品名は「Jeeru」、たぶん「ジール」と読むのだろう。
もしかしたら日本語の「汁」から来たのかもしれない。

で、こいつが何かというと、ジーラという植物の種子(果実)を使った清涼飲料水なのである。ラベルにも「ジーラ・マサラ」と書いてある。なので日本語の「汁」語源説はちょっと遠のいた。

ジーラという名前に聞き覚えがなくても、クミンといえばおわかりになる方もあるだろう。
クミンはセリ科の植物で、カレーの材料にも使われる。ちょっと苦みがあり薬臭いが、胃の働きを助ける薬効もあると言われている。

ということで、もしかしたらこれを飲めばこのしつこい下痢も治まるかも、と思ったわけである。溺れる者は藁をもつかむ、下痢する者はわらわでありんす、なのだ。

でもちゃんとした薬ではないので味も重要である、なにしろ薬として飲むには量が多すぎる。それに本当はのどが渇いているのでコーラを買おうと思っていたのだ。

そこで店のあんちゃんに味を確認すると、「すごくうまい!」と太鼓判を押された。

ホテル前の売店のあんちゃん

あんちゃんは胸を張って「すごくうまいぞ!」と言った。

値段も10ルピー(約16円)とお手頃だったので買うことにして、さっそく部屋に戻って飲んだ。

う~ん・・・不味い。

なんだか醤油を水で薄く割って胃散を振りかけたような味がする。
彼は本当にこれがうまいと思っているのだろうか・・・

しかし味覚は人さまざま、食事はその国、地域の文化であるので、よそ者がどうこういうものではない。インド人は毎日カレーを食べているので、こういう味には慣れているのだろう。

そもそもカレーは薬膳料理であり、各種スパイスは味を調えるだけでなく体の調子も整えてくれるといわれている。
ところがインドでも近年の経済発展により、その伝統的食生活が崩れて来ており、糖尿病患者なども急増しているそうである。
なのでこのジーラ・マサラ飲料は、そうした現代人が「う~ん、本当はコーラが飲みたいんだけど、体のことを考えるとジーラ・マサラにしておこうかな」という心理的作用を狙った商品なのだろう。そして私は、まんまとその作戦に乗っかったというわけである。

なかなかやるな、インド商人!

それはこうです!たぶん:【今回のテーマ】チョーメン

 このコーナーは当サイトに関する最近の検索キーワードの中から、「これはいっちょちゃんとお答えしとかなきゃいけませんね」というものをピックアップして、頼まれてもいないのに勝手に回答してしまうコーナーです。
 そもそもその検索キーワードを打ち込んだ方はすでに当サイトを訪れ、そしておそらくがっかりされて去って行かれただろうと思いますが、あえてそのさみしげな背中に向かってお答えさせていただきます。
「それはこうです! たぶん」

今回取り上げる検索キーワードは

「チョーメン」

です。

********************

インドの食べ物と言ったら「カレー」と答える人は多く、またそれは事実であり、実際インド人は(いわゆる)カレー味の食事をよく食べる。

しかしインドの食事は当然それだけではなく、そのひとつが今回のテーマのチョーメンである。

私もカレーが好きだが、それは日本のカレーライスであり、インドで毎食カレー攻撃を受けたら一日で参ってしまう。
じゃあインドに行ったとき何を食べるかと言うと、それはチョーメンとなる。

一言で言えばチョーメンは焼きそばである。二言で言っても焼きそばである。三言で言っても四言で言っても焼きそばだったら焼きそばなのである。
それはもともと中華料理の炒麺(チャオミエン)がルーツなので納得なのである。

その炒麺がインド庶民にすっかり浸透しチョーメンとなり、今では安食堂の定番メニューにもなっているので、私などは実にありがたく思うのである。インドの定番中華チョーメンで、私も町内会の夏祭りで焼きそばを焼いた経験を持つセミプロだが、あまり料理には興味がないため、これ以上「料理としての」チョーメンを語れない。
なのでここからはインド全土(ちょっと大げさだけど)で私が食べたチョーメンのごく一部を写真で紹介させて頂くことにする。

まず始めはニューデリー駅近くの小奇麗な食堂で食べたチョーメンである。
具にはチキンが入っているが、焼き色がついていたので、店先に吊るされていたタンドーリチキンの残りなのだろう。インドの定番中華チョーメンこれは湖に浮かぶ白亜のホテルで有名なウダイプールで食べたチョーメンである。
ホテルの屋上のレストランで食べたのだが、もちろんそのホテルは湖に浮かぶ高級ホテルなどではなく、エレベーターもないような小さなホテルで、屋上まで階段でえっちらおっちら上って行ったのであった。インドの定番中華チョーメンこちらは砂漠の城塞都市ジャイサルメールで食べたチョーメンである。
一見うまそうに見えるかもしれないが、それは気のせいである。インドの定番中華チョーメンこれはパキスタン国境に近い町バルメールで食べたチョーメンである。
観光客などまずいないバルメールにあって、一番新しくきれいなホテルのレストランのものである。
でも泊まったのはそこではなく、もっとばっちい、いや、由緒あるホテルだった。インドの定番中華チョーメンこれはグジャラート州アーマダバードで食べたチョーメンである。
見てもわかる通りねっとりしたあんかけ風でおいしかった。インドの定番中華チョーメンこちらも同じくグジャラート州のジュナーガルで食べたチョーメンである。
トマトケチャップ味だったが、あまりうまくなく半分方残してしまった。インドの定番中華チョーメンこれは世界遺産の点在するオールド・ゴアで食べたチョーメンである。
この時の同行者はフィッシュ・カレーを注文したが、丸ごと油で揚げた魚に閉口し、このチョーメンをうらやましそうに見ていた。インドの定番中華チョーメンこれはそのゴア郊外にあるリゾート地カラングート・ビーチのチョーメンである。
実は私はここではビールを飲んでいてこのチョーメンを食べていない。
これは前出の同行者が注文したものなのだが、オールド・ゴアのフィッシュ・カレーに懲り、あらためてチョーメンの偉大さに気付いたということなのだ。インドの定番中華チョーメンこれは水郷の町アレッピーで食べたチョーメンである。
もやしがたくさん入っていてうまかった。インドの定番中華チョーメン写真がちょっとボケてしまったが、これはスリランカに近いラーメシュワラムで食べたチョーメンである。
ちなみに皿の下に敷かれているのは、バナナの葉に見立てた蠟引きの紙である。
この食堂ではその紙の上にご飯とおかずをよそって食べる「ミールス」と呼ばれる南インドの定食がメインなのだが、注文したのがチョーメンだったので、店の人は拍子抜けしていたようだった。インドの定番中華チョーメンそして最後に紹介するのは、デリーの動物園の入り口付近にある食堂のチョーメンである。
どこの国でも選択肢のない場所の商売は客の足下を見るものだが、ここのチョーメンも見事なくらい具が入っていない。
しかし私にはこのほぼ具なしのチョーメンが本当においしく感じた。
なにしろ私は日本でもたくさん具の入った焼きそばが嫌いで、とにかく麺をたくさん食べたいのである。
なのでこのデリー動物園のチョーメンは、私にとってはインドにおけるベスト・オブ・チョーメンと言っても過言ではないのである。インドの定番中華チョーメン

以上、少しでもお役に立てたら幸いである。