頼もしき動く水瓶:インドの給水車

日本では災害時か極端な水不足の時くらいにしかお世話にならない給水車だが、インドでは慢性的な水不足に悩む地域も多く、またインフラ整備がなかなか追いついていかないということもあり、大きなタンクを装備した(または牽引した)給水車をよく見かける。

これはディウで見かけた給水車なのだが、何でもすぐに古ぼけさせてしまうインド特有の高速経年変化現象の影響か、はたまた実際に年季が入っているのか、かなりくたびれた外観をしている。

インドの給水タンク車

インドでは普段から給水車が大活躍しているので、この車体もかなり酷使されて来たのだろう。

こう外側が埃にまみれていると、タンクの中の水まで濁っていそうに思ってしまうが、たとえ水が多少濁っていたとしても、この走る水瓶はインドではとても重要な存在であり、万が一故障して使えなくなってしまっては一大事なのだ。

ということで、ぼろっちい給水車のすぐ隣にほとんど新車と思えるきれいなのが停まっていた。次の世代を担う戦力というわけである。

インドの給水車

まだ真新しい給水車は見るからに頼もしく、今後の活躍が期待できる。

新しい車も基本的には古いものと同じタイプのようなのだが、車体の色が違うからか、その顔つきもなんとなく頼もしそうに見える。
また当然タンクも新しいので、中に満たされた水も澄んでいそうな気がする。

でも本当はタンクの水が澄んでいるかなんてことより、いつでも水道から水が飲め、給水車など見ずに済むのがいいのである。

湯沸かしポットとティーセットは本当に助かるのだ・ホテルの設備

日本のホテルや、外国でも気の利いたホテルでは別に珍しサービスではないだろうが、バーヴナガルのホテル Sun “n” shine の客室には湯沸かしポットが置かれていた。普段私が泊まるレベルのホテルには、こういうものはないので実にうれしい。

インド・バーヴナガルのホテルsun"n"shineの備品の湯沸かしポット

現実にはへそで茶を沸かすのは無理なので、湯沸かしポットは本当に助かる。

さらにここには紅茶のティーバッグとインスタントコーヒー、そして砂糖と粉末ミルクも置かれていた。

インド・インスタントコーヒーの一人分パック

紅茶もいいけどたまにはコーヒーが飲みたくなる。

実はアーマダバードからずっと紅茶のティーバッグを探していたのだが、まだ見つけられずにいた。
もっとも紅茶の専門店はあちこちにある。立派な店構えの老舗から、バザールに構える間口半間程度の小さな店まで、本当にたくさんある。
しかしそういう店ではティーバッグを扱っていないところが多いのである。

インドの項茶屋はティーバックを扱っていないことが多い。

ティーバックなど邪道じゃ! なんてことは言わなかったが、紅茶専門店ではティーバッグを売っていなかった。

また外で飲む紅茶は、あの甘いミルクティーであるチャイになってしまう。たまにブラックティーがメニューに載ってる食堂なんてのもあるが、それでも砂糖だけはちゃんと入っていたりする。つまり色だけがブラックというわけなのだ。

とにかくたまにはサッパリとしたお茶が飲みたい、特に部屋食のクッキーを食べる時はやはりブラックティーでなければいけない。

インドのティーバッグでお茶を淹れる

茶道ならぬ邪道でもティーバックは手軽でいい。

飲まなかったティーバッグやコーヒーはありがたくいただいて行く。
私は小さなコイルヒーター(詳細は「旅の持ち物シリーズ・その23:コイルヒーター」参照)を持って来ているので一応お湯が沸かせる。なのでそれらは今後の貴重な「食料」となるのだ。

コイルヒーターは水を満たしたコップに突っ込みお湯を沸かすという単純な道具だが、コンセントを抜かずにコップから引き上げてしまうと、熱でヒューズが切れ二度と使えなくなる。
そんなちょっと不便な道具だが、旅行用の湯沸ポットよりはるかに小さいので持ち運びにはいい。
まあ便利を求めると逆に不便になることもあるし、不便を我慢するとより自由になれるということなのである。

なかなか居心地がよさそうなのだ・素焼きの巣

アーマダバードからバーヴナガルへの途上、バスが休憩したドライブインに併設された小さな売店。

インド・ドライブインの鳥の巣箱

小さな売店だが、バスも休憩するので結構人が集まって来る。

屋根になにやら小さな素焼きの壺がたくさんぶら下がっている。

インド・ドライブインの鳥の巣箱

売店を覆う屋根には、丸い素焼きの壺がぶら下がっている。

実はこれ、鳥の巣箱、いや、巣壺なのである。

インド・ドライブインの鳥の巣箱

これはなかなか快適そうである。

頑丈な屋根にも守られ、これなら鳥も安心して眠れることであろう。

インド・ドライブインの鳥の巣箱

すっぽり入り込み、安心安全なのだ。

家のない人も結構いるインドだが、鳥はなかなか幸せなのである。